鮎釣りHACは古い記事でも追記・調整などメンテナンスしながら、常に新しく役立つ情報発信を目指しています。
鮎竿
PR

ダイワ最高峰鮎竿「グランドスリム」が5年ぶりにリニューアル!

KOU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ダイワの最高峰鮎竿「グランドスリム」通称”グラスリ”が、5年ぶりにリニューアルされて7代目モデルとして登場しました。

前モデルと比較して、どんな点が異なるのでしょうか?
では、詳細をみていきましょう。

ダイワ「グランドスリム・W」

出典:DAIWA

唯一無二の細身肉厚設計が特徴の「グランドスリム」。
2023年、7代目となる新モデルが5年ぶりに発売されました。

負荷に応じて変幻自在に変化する変則調子はそのままに、 穂先5本×穂持ち2本の10通り を組み合わせられるのが特徴。

流れに馴染ませるのが難しいビリ鮎から尺狙いまで、さまざまな状況に対応する汎用性を備えています。

なお、2023年新モデルは「W」です。

前作は「Y」なので、ネットショップで注文する際は間違わないよう注意してください。

粘りのあるグラスリ調子が復活

前作はパワーを重視して設計されており、「グラスリ独特の粘りが失われている」との声が多かったとのこと。

そこで7代目では、パワーは前作並みながらも粘りのあるグラスリらしい調子が復活しています。

オトリが流れに馴染みやすい優しさと、尺鮎にも対応可能なパワーを両立。

初期から終期まで、また小河川から大河川まで、どんな状況でも対応できるグラスリ調子を実現しています。

5種類の穂先を標準装備

出典:DAIWA

7代目グラスリには、以下の5種類の穂先が標準で付属しています。

  • メガトップR
  • SMTソリッド
  • カーボンチューブラー
  • パワータイプ カーボンチューブラー
  • SMTチューブラー

前作がSMTソリッド・カーボンチューブラー・SMTチューブラーの3種類だったのに対して5種類と、2本増加しています。

なかでも注目は、新穂先「メガトップR」です。

振動伝達率が従来比160%と、大幅に感度が向上しているのが特徴。

カーボンソリッドでは捉えられなかった音が聞こえる、次世代カーボンソリッド穂先です。

柔軟性を発揮しながらも操作時のレスポンスが向上しており、渋い状況でとくに威力を発揮するのではないでしょうか。

パワータイプ穂持ち(2番)スイッチパーツが付属

出典:DAIWA

前モデル同様、パワータイプ穂持ち(2番)スイッチパーツが付属しています。

ノーマルタイプと比べて30cm短く、装着すればメガトルク急瀬クラスのパワーを発揮。

5種類の穂先とパワータイプ穂持ちの組み合わせにより、10タイプの竿として使えます。

出典:DAIWA

新グラスリの価格は?

前作と比べると85が9万円、90が10万円値上がりしています。

  • 85=380,000円→470,000円 約19%アップ
  • 95=400,000円→500,000円 20%アップ

昨今の資材高騰の影響もあるでしょうが、穂先が5本になっていることもあり、致し方ないのではないでしょうか。

ただし、前作は定価販売で値引き禁止でしたが、今回は「値引き可能」とのこと。

2割値上がりしたものの、20%以上値引きしているお店で購入すれば、前作よりも安く購入できます。

5種類の穂先と2種類の穂持ちにより、10タイプの竿を使えるグラスリ。

さまざまな川や状況に対応できる1本を求めているなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

ダイワ「グランドスリム・W」仕様

品名 全長 継数 仕舞寸法 自重 先径[替穂]/元径 錘負荷/替穂 適合水中糸 カーボン
含有率
メーカー
希望本体
価格
メタルライン ナイロン
85・W 8.5m 7本 148cm 215g 1.1/1.05/0.75/1.6/0.7/25.4 0-4/0-6号
0-3/0-5号
0-2号
0.02~0.25号 0.08~0.6号 99% 470,000円
90・W 9.0m 7本 153cm 229g 1.1/1.05/0.75/1.6/0.7/25.4 0-4/0-6号
0-3/0-5号
0-2号
0.01~0.25号 0.08~0.6号 99% 500,000円

あらゆる状況に対応!絶対名竿「グランドスリム」

5種類の穂先とスイッチパーツで10通りの使い方ができる新グランドスリム。
1本であらゆる状況に対応できる、汎用性の高さが魅力です。

「いつかはグラスリ」と思っていたなら、ぜひ検討してみてください。

 ダイワの鮎竿が気になる方は、以下の記事も参考にしてみてください。 

鮎竿のオススメ記事一覧

クリック【2024年】鮎竿の安い・軽いおすすめランキング!初心者が選ぶ際のポイントを解説▶

クリック【2024年】「短竿」のオススメ!短いメリットと長さの選び方を解説▶

クリック「大鮎・尺鮎の竿」オススメ21選!選び方4つのポイント▶

クリック【2024年】「ダイワ鮎竿」全シリーズ徹底解説!初心者おすすめ6選▶

クリック【2024年】シマノ「鮎竿」全シリーズを徹底解説!初心者おすすめ5選▶

クリック【2024年】がまかつの鮎竿全シリーズ!コンセプト別おすすめモデルを紹介▶

クリック【2024年】シモツケの鮎竿おすすめ全シリーズ!コスパの良い1本を見つけよう▶

クリック【2024年】「8mの鮎竿」価格帯別オススメ12選!メリット・デメリットを解説

クリック鮎竿「ズーム」機能のメリット・デメリット!おすすめ製品を紹介

オススメ記事
最新記事
人気記事
記事を探す
記事URLをコピーしました