鮎釣り用語集

KOU

ア行

アカ(垢)

石に付いている硅藻。

編み込み

仕掛けの結束方法。名前のとおり、糸を交差させて編み込む。

鮎(アユ)釣り

「清流の女王」とも呼ばれるサケ科の魚。春に海から遡上して石が敷き詰められた河川に生息している。石についたコケ(珪藻類)を主食とし、良質なコケの付いた石に縄張りを持つ。

鮎釣りをはじめよう!

鮎竿

友釣り専用の竿を指す場合のが一般的。全長8~10mと、あらゆる釣りの中でもっとも長いのが特徴。

鮎竿ランキング

鮎ベルト

腰に装着して、引き舟のロープやペットボトルホルダーをセットしたり、タモの柄を腰に差したりするのに欠かせないベルト。

鮎ベルトのおすすめ

荒瀬

大きな石が入っていて、流れの荒い瀬。

イカリ針

イカリ状の針。3本イカリと4本イカリがある。

鮎針の選び方

入れ掛かり

釣れた鮎をオトリにして送り込み、すぐさま掛かるといった状態が連続すること。

ウレタン背バリ

背バリをハナカンまわりにセットするために設けている輪っか部分に、ウレタンを採用している背バリ。

背バリの使い方・メリット

エビ

掛け針がハナカン上の糸に引っ掛かって、オトリがエビのように曲がってしまう状態のこと。

F1

鮎の養殖で交配した一代目のこと。

追い

野鮎がオトリを追い払うこと。「追いがいい」「追われた」などという。

追い星

鮎のえらの後ろあたりが黄色になっていること。縄張りをしっかりもち、追い気のある鮎ほど濃く大きく現れるとされている。

オトリ

仕掛けにセットする鮎。釣れた鮎と交換すれば、それが今度はオトリになる。川に到着したら、まずはオトリ屋でオトリを2~3匹購入する。

オトリ缶

買ったオトリや、釣った鮎を活かしておくためのアイテム。車でオトリを移動する際の必需品。

オトリ缶の選び方

オバセ

水の抵抗を利用すべく、糸をやや緩めること。「オバセを効かせる」「オバセる」などといったりする。

オモリ(錘)

強い流れでオトリを沈ませるべく、中ハリスにセットする。

オモリの使い方

泳がせ釣り

竿を45度程度に立ててかまえ、鮎を泳がせる釣り方。

泳がせ釣りとは

カ行

返し抜き

掛かったらそのままダイレクトにタモでキャッチするのではなく、いったん上流に飛ばして流れ落ちてきたところをタモに入れる取り込み方法。

がま鮎

釣り具メーカー「がまかつ」の鮎釣りブランド名。

がまかつの鮎竿全シリーズ

川切り

川の向こう岸へ流れを切って渡ること。

鑑札

釣り券のこと。

完全仕掛け

竿にセットすればすぐに釣りができる、出来合いの仕掛け。

完全仕掛けの選び方

グラスリ

ダイワの鮎竿のフラッグシップモデル「グランドスリム」の略称。

コケ

アカ(垢)ともいう。石に付いた硅藻のこと。

コロガシ

たくさんの針が付いた仕掛けを使い、竿の操作で鮎を引っ掛ける釣り。禁止されている河川も多い。

サ行

サカサ針

針がオトリの後方に位置するように、固定するための針。

サカサ針のオススメ

先掛けタイプ

針先がストレートになっている、針の形状のこと。ストレートタイプともいう。反対がシワリ。

サビ

産卵期の鮎の体色が黒くなるなど変化した状態。

地合い

鮎の活性が上がって、よく釣れるタイミングのこと。

ジャパンカップ

シマノが開催している釣りトーナメントの名称。鮎トーナメントは「ジャパンカップ鮎」。

尺鮎

30cm超えの鮎。

尻手ロープ

タモの柄などにセットし、ベルトに接続するタモ流失防止アイテム。

シワリタイプ

針先が内側に向いている針の形状のこと。反対が先掛けタイプ(ストレート)。

水中糸

仕掛けのメインラインのこと。

水中糸の種類・選び方

スペシャル

釣り具メーカー「ダイワ」の鮎釣り最上位シリーズの名称。

ダイワの鮎竿全シリーズ

スリムウェーダー

タビ一体型の鮎タイツ。

流れの速いポイント。

瀬付き

産卵期の鮎が群れで砂利底の瀬に集まっている状態。

背バリ

オトリの頭に刺す針。前傾姿勢によってオトリを底に潜りやすくするアイテム。

背バリの種類・メリット・使い方

ゼロテンション

糸を張らず緩めずの状態をつくること。

束釣り

1束(100匹)以上の釣果のこと。

遡上

秋に誕生した鮎の稚魚が海で過ごした後、春先に川にのぼること。

タ行

タイツ

クロロプレン素材のタイツ。鮎タビ一体ではなく、ウェットタイツともいう。ピタッとした着心地で川の中を歩くやすく、水が内部に溜まることもなく安全。タビ一体型はドライタイツ。

鮎タイツの選び方

タビ

鮎釣り用のシューズ。先が割れている「先割りタイプ」と割れていない「中丸タイプ」がある。

鮎タビの選び方

タモ

友釣り用の釣り網。

鮎タモの選び方

短竿

8m以下の鮎竿を指す。対して、スタンダードな長さは8.5~9m。

短竿のオススメ

単線メタルライン

撚り糸ではなく、名前の通り単線メタルの水中糸。

蝶バリ

ダブル蝶バリ、ダブ蝶ともいう。2本の針を2カ所にセットする針仕掛け。

チャラ瀬

膝下程度の浅い瀬。

チラシ針

ハリスに3本を針を上下交互にセットした針仕掛け。上下交互でなくても3本の針をセットしてあればチラシという場合もある。

チラシ・ヤナギのオススメ

つけ糸

水中糸と接続するライン。ハナカンまわり糸の上に位置する「下つけ糸」と、水中糸と天井糸に接続する「上つけ糸」がある。

つけ糸の選び方

ツ抜け

9つ(ツ)以上の釣果、つまり10匹以上の釣果のこと。

天上糸

仕掛けの一番上の部分で、竿先にセットして仕掛けをさばきやすくするための糸。

天上糸の選び方

天然鮎

秋のふ化後海に下り、春に川へ戻る天然遡上の鮎。

ドブ釣り

鮎の毛針釣り。

友釣り

縄張りを持つ鮎の習性を利用した日本古来から伝わる伝統の釣法。オトリを野鮎が縄張りを持つポイントに誘導し、追い払うために体当たりしてきた野鮎を針に掛ける。

友釣りの魅力とは

ドライタイツ

ネオプレーンソックスを搭載しているタイツ。保温性が高く、寒い時期の鮎釣りで活躍する。

トロ場

流れが緩く水深のあるポイント。

ナ行

中ハリス

ハナカンやサカサ針をセットするハナカン回り糸。

野鮎

川にいる自然の鮎のこと。

ハ行

ハナカン

オトリの鼻にセットする。友釣りに欠かせないアイテム。

ハナカンのオススメ

ハナカン回り糸

ハナカンやサカサ針をセットする糸。中ハリスともいう。

バラシ(バレる)

掛かった鮎の針が外れてしまうこと。

引き釣り

竿を寝かして、上流にオトリを引き上げる釣り方。瀬釣りで使うテクニック。

引き抜き

鮎が掛かったら、オトリごと飛ばして空中でキャッチすること。

引き舟

オトリや釣った鮎を活かしながら釣りをするのに必要な舟形のアイテム。

引き舟の選び方

平瀬

比較的波立ちや変化の少ない瀬。

ピン付きフェルトソール

フェルトソールに金属ピンを埋め込んだタイプ。

フェルトソール

鮎タビの装着されている滑りにくい素材のソール。

複合メタルライン

金属の撚り糸で、友釣りでもっとも主流のライン。

複合メタルラインの選び方

ブクブク

オトリ缶にセットするエアーポンプ。

ブクブクの選び方

ベスト

鮎釣りの小物や貴重品などを収納できるアイテム。

鮎ベストの選び方

偏光サングラス

偏光フィルターを備えたサングラス。川のギラギラを抑えて水中の様子を見えやすくする効果を発揮する。

偏光サングラスの選び方

ボウズ

釣果ゼロのこと。「ボ」と言ったりもする。

マ行

前アタリ

野鮎が掛かる前に、目印や手もとに感じる反応のこと。

マスターズ

ダイワの釣りトーナメントの名称。鮎釣りは「ダイワ鮎マスターズ」。

マナーケース

使用済みの針や糸などのゴミを入れるケース。鮎ベルトにセットするタイプが一般的。

メガトルク

ダイワの瀬釣り用鮎竿のシリーズ名。

目印

水中糸にセットして、アタリやオトリの動きを目で感じ取るためのアイテム。

目印の選び方・つけ方

メタルライン

金属の水中糸。複合メタルラインと同じ意味で言う場合と、区別して「単線メタルライン」と言う場合がある。

ヤ行

ヤナギ針

2本の針を間隔をあけてセットした針仕掛け。

ラ行

ライトスタイル

比較的軽装で楽しむ鮎釣りのスタイルのこと。

ライトスタイルのアイテム

リミテッドプロ

シマノの鮎釣り上位シリーズの名称。

シマノの鮎竿全シリーズ

ワ行

記事URLをコピーしました