鮎竿

「大鮎・尺鮎対応鮎竿」のオススメ!選び方4つのポイント

数釣りでは味わえない、ダイナミックな釣りを楽しめるのが「大鮎釣り」です。

お盆を過ぎる頃になると、大きく成長した野鮎とのスリリングなやり取りを楽しめるほか、9月になれば尺鮎が釣れた便りも届くようになります。

ただし、大鮎や尺鮎との勝負でアドバンテージを得るならば、強烈なパワーに対応できるパワフルな鮎竿が必要です。

そこで今回は、大鮎や尺鮎に対応できるオススメの鮎竿をピックアップしてご紹介します。

あわせて選び方も解説するので、「今年こそは尺鮎を!」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オススメの大鮎・尺鮎対応の鮎竿をすぐ見る

「大鮎・尺鮎対応の鮎竿」選び方4つのポイント

瀬に立ちこんで大鮎・尺鮎に挑む!

同じ鮎釣りでも数釣りと大鮎釣りでは対応できる竿、仕掛け、ハリなどの仕様がだいぶ異なります。

数釣りに適した柔らかめな鮎竿では、大鮎や尺鮎の驚異的なパワーには太刀打ちできません。

大鮎・尺鮎対応を鮎竿を選ぶ際のポイントは下記の4つです。

大鮎・尺鮎対応鮎竿の選び方
  1. 長さで選ぶ
  2. パワーで選ぶ
  3. 調子で選ぶ
  4. 長さ調節できるタイプもチェック

では、オススメモデルを見る前に、選び方のポイントを押さえておきましょう。

長さで選ぶ

大鮎釣りは大河川のみならず、中小河川でも楽しめます。
川の規模やポイントに適した長さの鮎竿を選びましょう。

大河川なら、10・11・12mのロングロッドがあると有利です。
中河川用として使用するなら、9m以下の鮎竿が適しています。

長い竿ほど大鮎が潜む離れたポイントに届きやすい反面、基本的に長くなるほど重たく持ち重りを感じるため注意が必要です。

必ずしも長いほどよいというわけではなく、川の規模や自身の体力を考慮して選択しましょう。

長い鮎竿ほど大鮎が潜むポイントに届きやすく有利

大河川なら10・11・12mのロングロッドが有利

中河川では9m以下の鮎竿が扱いやすい

必要以上に長いと重く扱いにくいため、河川規模や体力に合った長さを選ぼう

パワーで選ぶ

鮎竿には、中硬・早瀬抜・急瀬抜・荒瀬などパワーが設定されています。

通常サイズの数釣りなら早瀬抜くらいまでが適正なパワーですが、大鮎釣りでは最低でも急瀬抜以上のパワーをもった鮎竿がオススメです。

ポイントや鮎の大きさにもよりますが、ガンガン瀬や押しの強い深瀬を攻める場合は急瀬抜きよりワンランク上の荒瀬クラスの鮎竿も候補に入れておきましょう。

大鮎に対応できるパワー設定の鮎竿を選ぼう

最低でも急瀬抜き以上、ポイントや鮎の大きさによっては荒瀬クラスを選択

調子で選ぶ

大鮎釣りをしている釣り人出典:DAIWA

鮎竿には、大きく分けて「先調子」「胴調子」「本調子」の3つ調子があります。

大鮎釣りでは、鮎のパワーで伸されてしまったときにタメが効いて対応しやすい「胴調子」が主流です。

一気に大鮎を浮かして速攻抜きする先調子タイプもありますが、経験とテクニックが必要。

とくに初心者であれば、一気に走られてもパワーを吸収しやすい胴調子、もしくは本調子の鮎竿が大鮎釣り用として適しています。

大鮎釣りではタメが効きやすい「胴調子」が主流

初心者は先調子より胴調子・本調子のほうがオススメ

長さを調整できるタイプもチェック

ワンタッチ操作で長さを50cm~1m調整できる「ズームタイプ」もチェックしておきましょう。

採用しているモデルは少ないですが、「はかま」の付け替えで長さを調節できるモデルもあります。

長さを調節できると、さまざまな規模の河川に対応しやすくなるほか、オトリの送り込みや取り込みがやりやすくなるのがメリットです。

長さをワンタッチで変えられるズームタイプにも注目

長さを調節できるとさまざまな河川で対応しやすくなる

オトリの送り込みや取り込みもやりやすく便利

「大鮎・尺鮎対応の鮎竿」オススメ18選

大鮎・尺鮎対応鮎竿のおすすめ出典:DAIWA

では、大鮎・尺鮎対応鮎竿の選び方がわかったところで、オススメモデルをご紹介していきます。

シマノ(SHIMANO) プロセレクトTF 急瀬パワー95-100ZA

シマノ(SHIMANO)
¥135,971
(2021/10/24 10:53:46時点 Amazon調べ-詳細)

H3.5に設定した、27cm級を引き抜けるパワーを持つ大鮎対応の鮎竿です。
よほどのガンガン瀬でなければ、尺鮎にも対応します。

9.5~10mのズームモデルで、さまざまなシチュエーションにフレキシブルに対応できるのがオススメポイント。

まるでワンピースロッドのようなスムーズな曲がりが特徴の「パラボラチューン」を採用しており、伸されにくく返し抜きした際にバラしにくい調子を実現しています。

シマノ(SHIMANO) スペシャル トリプルフォース 急瀬G 90NM

胴の粘りに優れており、小石底・岩盤相・ヨレの少ない流れでオモリを使っての釣りにぴったりな大鮎・尺鮎対応の鮎竿です。

H3.2のパワーで、大きめのオモリを駆使した速い流れでの引き釣りが得意。

エキサイトトップパワーチューブラー穂先に交換できる「パワーセレクトシステム」により、H3.2からH3.5にパワーアップできるのもオススメポイントです。

シマノ(SHIMANO) スペシャル トリプルフォース BG 98NM

シマノ(SHIMANO)
¥246,400
(2021/10/24 10:53:47時点 Amazon調べ-詳細)

手つかずのポイントを狙えるロングロッド、9.8mの大鮎・尺鮎対応モデルです。
10mより20cm短く設定し、持ち重り感が消えて取り回し性も向上しています。

10mモデルと比べて軽く操作性に優れており、大鮎が潜むピンポイントにオトリを送り込めるのがメリットです。

荒瀬クラスよりもしなやかなアクション設定により、オトリ馴染みや泳ぎのよさでワンランク細い仕掛けを使えます。

シマノ(SHIMANO) アドバンフォース 急瀬 95 NW

シマノ(SHIMANO)
¥160,161
(2021/10/24 16:16:44時点 Amazon調べ-詳細)

H3.5のパワーを誇る大鮎・尺対応鮎竿です。

感度、パワーともに前モデルより向上しており、野鮎サイズ23~28cmまでの引き抜きに対応可能。

パワータイプチューブラーに交換すれば、H3.7モデルとして使えるパワーセレクトシステムを採用しています。

シマノ(SHIMANO) ドラゴンフォース 110NP

シマノ(SHIMANO)
¥213,950
(2021/10/24 10:53:48時点 Amazon調べ-詳細)

11mの長さにより、手つかずのポイントを攻略できる尺鮎対応の大鮎用鮎竿です。
誰もオトリを打ち込んでいない、遠距離のサラ場狙いに適しています。

シマノ(SHIMANO) ドラゴンフォース 100-105ZP

シマノ(SHIMANO)
¥202,633
(2021/10/24 10:53:48時点 Amazon調べ-詳細)

「ドラゴンフォーズ」シリーズ中、もっともやわらかい調子の大鮎・尺鮎対応鮎竿です。
とくに、深トロの泳がせで威力を発揮します。

10~10.5mで長さを調節できる「パラボラチューン非採用アクションズームモデル」を駆使すれば、瀬釣り対応モデルながらさまざまなシチュエーションに対応可能です。

ダイワ(DAIWA) 銀影競技メガトルク 急瀬抜 XH90・V

瀬釣りの王道モデル「銀影競技メガトルク」のXH(エクストラハード)モデルです。
尺鮎も仕留められる強烈なパワーを実現しています。

ハイパワーモデルながら、軽さと操作性に優れているのもオススメポイント。
25cmを超える大鮎や尺鮎にも対応可能なパワーと粘りを備えている1本です。

ダイワ(DAIWA) 銀影競技メガトルク 大鮎100・Y

いわずと知れた瀬釣り用人気ロッド「メガトルクシリーズ」の大鮎・尺鮎対応モデルです。
荒瀬抜(強)をパワーを誇る10mロッドで、大鮎釣りの醍醐味を思う存分満喫できます。

粘りのある胴調子で引き抜きに多少時間がかかるものの、タメを活かして大鮎を確実に仕留めたい方にぴったりです。

大鮎をオトリとして使用する際の操作性にも優れています。

ダイワ(DAIWA) 銀影競技メガトルク 大鮎90・Y

ダイワ(DAIWA)
¥259,600
(2021/10/24 10:53:50時点 Amazon調べ-詳細)

大鮎・尺鮎対応モデルながら、自重285gの扱いやすい軽量化を実現している鮎竿です。
「10mタイプは体力的に厳しい」という方にオススメの9mモデルです。

荒瀬抜(強)のパワー設定により、大鮎の引き抜きもしっかりとこなします。

ダイワ(DAIWA) プロトギア MT 急瀬抜 H90

ダイワ(DAIWA)
¥128,617
(2021/10/25 04:59:24時点 Amazon調べ-詳細)

ハイパワータイプのベーシックモデル「銀影MT」が廃盤となり、代わって2020年に登場したのが「プロトギアMT」です。

瀬釣りや大鮎対応のMT調子で、瀬に立ち込むアグレッシブな釣りにぴったり。
シリーズ中もっともパワーのある急瀬抜Hで、荒瀬抜きクラスのパワーを発揮します。

手頃な価格も魅力で、パワーモデルながら重さ273gのスペックで扱いやすいのもオススメポイントです。

「プロトギアMT」については、下記の記事でも詳しく解説しています。

大鮎対応の王道パワーロッド「ダイワ プロトギア MT」を紹介!ダイワの2020年新モデル『プロトギア MT』を紹介。ダイワの王道パワーロッド「メガトルク」調子の鮎竿であり、瀬釣りでの数釣りから激流や盛期~終盤の大鮎釣りで活躍するモデルです。...

ダイワ(DAIWA) 銀影エア MT 急瀬抜H87・Y

ダイワ(DAIWA)
¥177,682
(2021/10/24 10:53:51時点 Amazon調べ-詳細)

急瀬抜よりワンランク上のパワー「急瀬抜H」の大鮎・尺鮎対応鮎竿です。
銀影エアシリーズのパワータイプ胴調子モデルで、軽快な釣りを展開できます。

長さは85モデルと90モデルの中間の8.7mを採用しており、風切り性能や操作性に優れて扱いやすいオススメモデルです。

ダイワ(DAIWA) 銀影エア MT 急瀬抜XH90・Y

シリーズ中、最大のパワーを誇る「急瀬抜XH」の大鮎・尺鮎対応鮎竿です。
尺鮎も射程圏内に収めるパワーロッドながら、重さ261gの軽量化を実現しています。

「さすがエアーシリーズ」と、唸るほどの操作性のよさを体感できるオススメモデルです。

2021NEW! ダイワ(DAIWA) 硬派 大鮎

ダイワ(DAIWA)
¥167,998
(2021/10/24 10:53:52時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワの大鮎専用シリーズ「硬派」が、さらに扱いやすくなって登場しました。

剛と粘りを兼ね備えた胴調子でためやすいほか、一気に仕留めるパワーも備えた大鮎・尺鮎対応鮎竿です。

8.5m・9.0m・10mの3タイプをラインナップしています。

上の動画で使用されているタックルを見る

※以下不明

天上糸: PE天上糸0.6号
水中糸: プロトタイプ0.2号
イカリ針: D-MAX鮎スペシャル大鮎8号3本イカリ→後半9号(旧製品)

がまかつ(Gamakatsu) がま鮎 ロングレンジ2 急瀬 11

急流河川で24cm~28cmの大鮎・尺鮎狙いにぴったりな鮎竿です。
前モデルよりも軽量化を実現しており、超長竿を感じさせない操作性を発揮します。

持ち重りのストレスを軽減しており、長時間立ち込んで大鮎釣りも快適。
ハカマを使用すれば、11mと10mの2段階で長さ調整可能です。

がまかつ(Gamakatsu)
¥274,890
(2021/10/24 10:53:54時点 Amazon調べ-詳細)

がまかつ(Gamakatsu) がま鮎 ロングレンジ2 急瀬 12

現行の鮎竿のなかで、もっとも長い12mの大鮎・尺鮎対応ロングロッドです。
大鮎が潜んでいる、手つかずのポイントへオトリを送り込めます。

12m→11m→10mと、3段階で長さ調節できるのが便利な1本です。

がまかつ(Gamakatsu) がま鮎 ロングレンジII 荒瀬 11m

立ち込めない激流ポイントや岩盤ポイントで、27cm~尺鮎を狙うために開発された大鮎・尺鮎対応鮎竿です。

大鮎に対して力負けしないハイパワーロッドであり、長さとパワーを生かして未開の激流ポイントや大トロ、深トロを攻略で威力を発揮します。

ハカマを使用すれば、11m→10mの2段階の長さ調節で使い分けできるのも便利です。

シモツケ(SHIMOTSUKE) NEBスピリット HH90MK

急瀬パワークラス胴調子の大鮎・尺鮎対応鮎竿です。
荒瀬対応のパワーを誇り、大鮎を豪快に引き抜ける能力を備えています。

2.2mmの太穂先を搭載し、大オモリを多用する釣りに対応可能。
高弾性カーボン採用によって自重257gと、パワーモデルながら軽量化を実現しています。

サンテック(Suntech) FIELD MASTER 裕輝 超硬TB 8

サンテック
¥83,537
(2021/10/24 10:53:55時点 Amazon調べ-詳細)

大鮎・尺鮎対応の先調子超硬鮎竿です。
掛けた大鮎を一気に浮かして、速攻抜きで仕留めるスタイルに適しています

しなやかさのある先調子で、繊細な攻めの釣りにも対応可能。
最新テクニックを駆使した瀬釣り攻略で威力を発揮するオススメロッドです。

大鮎・尺鮎対応ロッドを馴染みの店舗で購入したい場合や、もっとも安いお店を探したいなら下記のリンクからもチェックしてみてください。

大鮎・尺鮎対応鮎竿でスリリングな釣りを楽しもう!

~「大鮎・尺鮎対応鮎竿」選び方まとめ~

大鮎・尺鮎に対応するには急瀬抜き以上、または荒瀬クラスがオススメ

長いほど扱いにくいため、河川規模や体力に応じて適切なモデルを選ばう

数釣りの鮎釣りも当然楽しいですが、シーズン盛期から終盤にかけての大鮎釣りの醍醐味も多くの鮎釣り師を魅了してやみません。

ぜひ、大鮎や尺鮎と対等にファイトできる鮎竿を手に入れて、ダイナミックでスリリングな真っ向勝負を楽しんでみてはいかがでしょうか?

TOPページへ移動