鮎の釣り方

鮎釣りをはじめよう!時期・釣り方・準備など疑問を徹底解説!

夏の太陽の下、きれいな清流に立ちこんで「鮎釣り」に興じる姿をテレビや雑誌などで見て、興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

ただ、オトリを使う特殊な釣りであり「鮎釣りに興味はあるけど難しそう」と、二の足を踏んでいる方も多いと思います。

一見敷居が高いようですが、元気なオトリをうまく流れに馴染ませれば、初心者でも案外簡単に釣れるのですよ。

そこで今回は、もっと鮎釣りへの理解を深めて「ぜひ、はじめてみたい!」という方向けに疑問を徹底的に解説していきます。

「鮎釣り」の疑問を解決しよう

鮎釣り初心者のイラスト

「鮎」はどんな魚?

鮎の画像鮎は縄張りを持つのが最大の特徴 撮影:鮎釣りHACK

鮎は「清流の女王」とも呼ばれる、サケ科の魚です。
キメの細かいウロコとスイカのような香りが特徴で、石が敷き詰められた河川の中流域から上流に生息しています。

泥臭いニオイなど一切なく、とてもいい香り。
塩焼きをはじめ、さまざまな調理方法を楽しめるのも魅力です。

2~3月くらいに海から遡上し、4~5月には川の中流域に到達して縄張りを持ちながら成熟。
秋に産卵をして一生を終えます。

川で孵化した幼魚は海へ下り、沿岸域でプランクトンを食べながら成長。
そして春になったら川へ遡上するというサイクルを繰り返します。

鮎釣りとは?

縄張り鮎のイラスト
初心者さん

鮎釣りにはどんな種類があるんだろう?友釣りって鮎釣りのことなのかな? 

鮎の釣り方にはオトリを使用する「友釣り」をはじめ、「エサ釣り」や毛ばりを使用する「ドブ釣り」、「コロガシ釣り」があります。

近年は、ルアーをオトリ代わりに使う「アユルアー」が登場して注目されていますね。

一般的に、鮎釣りといえば「友釣り」を指します。
異論があるかもですが、鮎釣りのなかでは圧倒的に人気のある釣りです。

川によっては、コロガシ釣りやルアー釣りが禁止されており、「鮎釣り=友釣り」と考えて問題ないでしょう。

友釣りは、野鮎が縄張りをもつポイントにオトリを送り込む釣り。

縄張りに侵入してきたオトリに怒った野鮎が追い払おうと攻撃してくると、オトリの尾びれあたりにセットしたハリに掛かる仕組みです。

目印がぶっ飛ぶ強烈なアタリ、野鮎の猛烈な引きに流れの負荷が加わって竿が満月にしなります。

一度体験してしまったら、もう鮎釣りの虜になること間違いなしです。

日本古来からの伝統釣法「鮎の友釣り」の魅力とは清流のシンボル「鮎」。清流の女王とも称され、鮎の友釣りは多くの鮎師を虜にしています。なぜそれほどの魅力があるのかをお伝えします。 ...

鮎釣りを楽しめる時期

鮎釣りの時期 

初心者さん

鮎釣りって、1年中できるのかな?一番楽しいのは何月ごろ?  

鮎が釣りの対象となる15cm以上に成長するのが6~7月前後であるため、それに合わせて釣りが解禁されます。

鮎釣りを楽しめる時期は川によって異なりますが、およそ6月から9月いっぱいが目安です。
ひと昔前の鮎釣り解禁といえば6月からでしたが、和歌山県では5月上旬の解禁する川もあります。

盛期は梅雨上げ後の8月とされていますが、近年の地球の気温上昇もあり、梅雨後は暑すぎて釣りにならない場合も。

9月に入ってからが本番という川や、10月になっても盛期のような釣りを楽しめるなど、川によってさまざまです。

終了日は定めている川とない川があり、なかには12月頃まで楽しむ方もいます。
一般的には、長くて10月いっぱいで竿を納める方が多いです。

川によっては、鮎が産卵する10月初旬に一旦禁漁し、10月下旬から再解禁する河川もあります。

時期ごとの鮎釣りのイメージも把握しておきましょう。

解禁日~7月上旬

解禁される5月~6月は、海から遡上した鮎は成熟しておらず、放流された鮎がおもな対象となります。

まだ小さい遡上鮎の闘争心も相当なものですが、釣れても小さすぎてオトリにならない場合があるため注意が必要です。

したがって、この時期に効率よく釣るには放流鮎をターゲットにしてポイント選定することが重要になります。

7月中旬~8月下旬

鮎釣りの盛期は、梅雨明けが目安です。
この頃になると遡上した天然鮎も成熟してサイズも大きくなり、強烈な釣り味で釣り人を魅了するようになります。

盛期になると、石のある場所はすべてポイントと思って幅広く探りましょう。

放流鮎狙いの場合は、同じポイントで釣れ続くこともありますが、天然鮎は縄張りをもってさまざまなポイントに散らばっています。

釣れる鮎も脂が乗って一番美味しい頃です。

「他ジャンルの釣りもしたい」「寒い時期は川に入りたくない」などの場合は、盛期に集中的に鮎釣りを楽しむのもよいでしょう。

9月~禁漁の終期

9月に入ると、大鮎の便りが届くようになります。
「糸が切れた」「ハリを折られた」と、スリリングな大鮎釣りを楽しめる時期です。

この頃になると、メスはお腹に卵を、オスは白子を持ち始め、季節が進むにつれて「サビ」といわれる色がつくようになります。

お腹付近を中心にオレンジ色に染まりはじめてウロコが固くなり、ぬめりも少なくなってくるのが特徴です。

とくにオスは黒くなり、鮎釣りシーズンの終わりを告げる目安となります。

鮎の釣り方

釣り方としては大きく分けて瀬の「引き釣り」と、比較的流れの緩い場所で釣る「泳がせ釣り」があります。

ただし実際は釣り方を選ぶというよりは、流れの強さや水深など状況によって竿の角度を変えて、引き釣りと泳がせ釣りを組み合わせながら釣ります。

極端にどちらかの釣りを意識することなく、専門用語として知っておく程度で十分です。

引き釣り

竿をオトリが馴染む角度まで寝かして、下流から徐々に上流へ向けてオトリを引き上げる釣り方です。

いれば掛かる?「瀬釣り」の魅力・釣り方の基本・道具の選び方を解説『瀬釣り』では、「これぞ鮎釣り!」というダイナミックな鮎釣りを楽しめます。瀬釣りの魅力や釣り方の基本、適した鮎釣り具の選び方を解説。これから鮎釣りを始めてみたいという方は参考にしてみてください。...

泳がせ釣り

竿を立てて、ラインにかかるテンションを利用しながらオトリを泳がせる釣りです。

鮎の釣り方「泳がせ釣り」とは?オバセ・ポイント・道具について解説鮎の釣り方には大きく分けて「泳がせ釣り」と「引き釣り」があります。泳がせ釣りは鮎の友釣りの基本テクニックであり、瀬での引き釣りにも応用できるため、ぜひ釣り方を身につけておきましょう。泳がせ釣りやオバセ、適した鮎釣り具についても解説します。...

どんな場所で釣るのか?

鮎釣りの画像鮎釣りは清らかな川の中流から上流で楽しむ
初心者さん

鮎って川のどんな場所にいるの?どこでも釣れるのかな?  

鮎は石が敷き詰まった川に住んでおり、川の規模や地域によって異なりますが、中流域から上流域で楽しみます。

狙うポイントは、たくさんの石に流れが当たって波立っている「瀬」がメインです。
縄張りを強く意識した野鮎が、オトリにアタックしてきます。

また、ゆったり流れている「トロ場」やひざ下程度の流れ「チャラ瀬」など、自分の体力やスタイルに合わせて、さまざまなポイントで楽しめるのも魅力です。

実際の釣りの流れ

ハナカンをセットしたオトリの画像オトリにハナカンをセットして流れに送り出す

ハナカン仕掛けにオトリをセット

鮎釣り最大の特徴がオトリを使用することです。
竿に仕掛けをセットしたら、オトリ屋さんで購入したオトリをハナカンにセットします。

その際、オトリを強く握りすぎたり、ハナカンをセットにするのに時間がかかったりするとオトリが弱ってしまうため注意しなければなりません。

最初はスムーズにいかないでしょうから、オトリを多めに購入して数多く練習するのもよいでしょう。

流れにオトリを誘導する

オトリを仕掛けにセットしたら、狙った石や流れにオトリを誘導します。
ポイントに入ったら、オトリを少しずつ動かしながら野鮎に追われるのを待つわけですが、あまり強引に動かしすぎるとオトリが弱ってしまうため注意が必要です。

あくまで自然にオトリを流れに馴染ませて泳がすのがポイント。
思うように泳がないからと、引っ張りすぎて弱ると浮いてしまって釣れません。

オトリが元気なら、勝手に泳がせるだけで掛かります。
最初はオトリを自分でコントロールするというよりは、自由自在に泳いでもらう感覚で釣るとよいでしょう。

掛かったら竿をしっかりと立てる

掛かったら竿を立てて、オトリと掛かった鮎を浮かせます。
その際、竿をしっかりと立てるのがポイントです。

竿が伸されてしまうと、竿の弾力を活かせずラインに負荷がかかり切れてしまうので要注意。
竿をしっかり立てれば、竿の反発力で自然と浮いてきます。

タモでキャッチする

オトリが水面が完全に出た状態になったら、掛かり鮎ごと飛ばしてキャッチする「引き抜き」のタイミングを伺います。

腰に挿しているタモを取ったら竿と一緒に持ち、竿を上方向に持ち上げるようにします。
竿の反発力を活かせれば自然に飛んでくるのでキャッチ。

うまく引き抜けなければ、最初は少しずつ寄せてすくい取っての大丈夫です。

オトリを交換して次の鮎を掛ける

無地取り込んだら、今度は釣れた鮎をオトリにします。
釣れたての元気な鮎をオトリにすることで、次はさらに掛かりやすくなるのが鮎釣りの特徴です。

鮎釣りは釣れるたびにオトリを交換する「循環の釣り」であり、好循環を維持できるかが1日の釣果を左右します。

鮎釣りではとにかくオトリの元気度が重要です。
釣れずにオトリが弱ってくるとさらに釣れなくなる悪循環に陥ります。

そんなときは、引き舟のなかから元気なオトリを取り出して、新しい鮎を連れてきてもらいましょう。

どんな準備が必要?

鮎釣りはオトリを使用する特殊な釣りであり、仕掛けや道具も独特です。
はじめるにあたり、どんな準備が必要なのかを確認しておきましょう。

また、安全かつ快適に楽しむためには、服装や装備も大切です。

道具

鮎竿

鮎竿の画像出典:Amazon

鮎竿の長さは8~9mほどが一般的です。
支流で川幅の狭い場所では8m以下、大河川では9.5m以上の鮎竿が有効的な場合もあります。

安価なエントリーモデルから高級モデルまで、さまざまなタイプがラインナップ。
高いモデルほど、軽く感度に優れているなど高性能です。

しかしながら、高価なエキスパート向けモデルのほうが釣れるとは限りません。
長い竿を使用する鮎釣りに慣れないうちは、誤って破損させてしまう恐れもあるので、10万円前後程度のモデルがおすすめです。

また、最初は数万円ほどの安い鮎竿を購入し、後々高性能なモデルを購入して安い鮎竿を予備とするのもよいでしょう。

入門向け鮎竿オススメ10選!5つの選び方と軽い・安いランキング鮎釣り入門にオススメの鮎竿のご紹介と選び方、注意点などを徹底解説。軽い・安い鮎竿ランキングも発表します。 ...

鮎タモ

鮎タモの画像出典:Amazon

「鮎タモ」は鮎の取り込みやオトリを仕掛けにセットするときや、交換するときの必需品です。
網目の細いタイプほど、サカサ針やイカリ針、ハナカンなどが引っかかりにくく快適に鮎釣り楽しめます。

スタンダードなタイプには39cmと36cmがありますが、一般的なのは39cmモデルです。

「鮎タモ」のタイプ別オススメ!選び方3つのポイント鮎釣りに欠かせない鮎タモ。モデルによってサイズや使い勝手、適したシチュエーションは異なります。タイプ別のオススメの鮎タモと選び方を解説します。...

オトリ缶

オトリ缶の画像出典:Amazon

「オトリ缶」はオトリ屋さんでオトリを購入して運搬したり、釣り場を移動したりする際の必須アイテムです。

また、予備のオトリや釣った鮎を川で生かしておく際にも使用します。
一部、金属製もありますが、樹脂を採用したモデルが一般的です。

引き舟

引き舟の画像出典:Amazon

鮎釣りでは「引き舟」と呼ばれる、鮎を生かしておく入れ物をベルトに装着しながら釣ります。

オトリを交換するたびに、浅場につけておくオトリ缶まで戻っていたら大変なので、その場で鮎を生かしながら釣りをするわけです。

高級モデルほど細かい工夫を施していますが、安価なモデルでも問題ありません。

鮎釣り必需品!「引き舟」オススメモデルと選び方5つのポイント鮎の友釣りでは、オトリや掛かった鮎を入れておく「引き舟」が欠かせません。引き舟のおすすめモデルをサイズごとに紹介。選び方と便利な「引き舟アンカー」も紹介します。...

鮎ベルト

鮎ベルトの画像出典:Amazon

タモを腰に挿したり、引き舟を装着したりする際の必需品です。

「鮎ベルト」のオススメ!選び方4つのポイントと便利グッズも紹介鮎ベルトは引き舟をつないだり、鮎ダモを腰に差したりする際に使う必需品です。選び方とオススメ製品、鮎ベルトに取り付ける便利グッズも紹介します。...

クーラーボックス

鮎用クーラーボックスの画像出典:Amazon

「クーラーボックス」は釣った鮎を新鮮な状態で持ち帰る際や、冷たい飲み物や氷の保存で必要です。
高性能なほど断熱材に真空パネルを採用しているなど、保冷力に優れています。

鮎釣り向け「クーラーボックス」オススメ!選び方4つのポイント釣った鮎を新鮮な状態で持ち帰るために、保冷力の優れたクーラーボックスは欠かせません。各メーカーの鮎釣り向き高機能クーラーボックスの選び方とオススメモデル、保冷剤も紹介します。...

仕掛け

初心者さん

鮎釣りの仕掛けって難しそう。作れないけど大丈夫かな?  

鮎釣りの仕掛けは、基本的に「天上糸・水中糸・ハナカン仕掛け」の3つのパートで構成されています。

ハナカンやサカサ針など、各種パーツを購入して自作する釣り人が多いですが、初心者がいきなり自作するのは難しいでしょう。

そこで便利なのが出来合いの「完全仕掛け」。
掛け針をセットすればすぐ使えるため、初心者におすすめです。

最初は完全仕掛けで友釣りに慣れて、自作に興味をもつようになってから仕掛けづくりの研究をはじめるとよいでしょう。

市販の「ハナカン仕掛け」で鮎釣り仕掛けを簡単に作ろう!鮎釣りの仕掛け作りに慣れていない方に便利なのが市販の「ハナカン仕掛け」。つけ糸や中や水中糸に接続するだけです。おすすめのハナカン仕掛け」の紹介とあわせて接続方法を解説します。...
「完全仕掛け」のオススメ!メリットと選び方3つのポイント仕掛けづくりの難しさが、鮎釣りへの敷居を高くしている理由のひとつでもあります。しかし、今では自分で仕掛けを作らなくても各メーカーから『鮎釣り完全仕掛け』が販売されており、エキスパートも使用しているほど高品質です。とくに、初心者にはぜひ使ってもらいたいアイテムです。...

服装

初心者さん

鮎釣りの服装って、家にある服を着ても問題ないかな?  

鮎釣りでは、タイツとタビ、仕掛けの予備や貴重品を入れるベストを着用するのが基本的なスタイルです。

そのほか、偏光サングラスやキャップも装着するのが一般的。
タイツとタビ、ベストは鮎釣り専用品がおすすめですが、シャツやサングラスはアウトドア用でも構いません。

ただし、鮎釣り専用品は快適に楽しみやすい工夫をこらしています。
はじめは間に合わせでも、趣味として続けるなら鮎釣り専用品にも注目してみてください。

鮎シャツ

鮎シャツの画像出典:Amazon

鮎釣り専用ウェアは、速乾性に優れているのが特徴です。
転んでずぶ濡れになっても、天候によってはすぐ乾きます。

お気に入りの速乾性タイプのアウトドアウェアがあれば、それでも構いません。

鮎タイツ

鮎タイツの画像出典:Amazon

鮎釣りでは川に立ち込んで釣りをするため、クロロプレンゴムを採用した「鮎タイツ」が必要です。

タビを別途購入するタイツやドライタイツ、タビが一体となったウェーダーなど、さまざまなタイプがあります。

生地の厚さも1~4mmほどとモデルによって異なるため、時期や好みなどを考慮して選択しなければなりません。

失敗しない選び方!鮎タイツ・ドライタイツ・ウェーダーのオススメ鮎釣りでは川に立ち込むため「鮎タイツ」が必要です。鮎タイツ・ドライタイツ・スリムウェーダーの特徴と、失敗しない選び方を解説。あわせてオススメモデルを紹介します。...

鮎タビ

鮎タビの画像出典:Amazon

「鮎タビ」はコケのついた石の上を歩く鮎釣りでは必須アイテムです。
底はフェルトソールになっており、滑りにくくなっています。

フェルトソールにピンを仕込んだタイプやソールを自分で簡単に交換できるタイプなど、さまざまなモデルが販売されているのでチェックしておきましょう。

2021年版「鮎タビ」のオススメ!選び方7つのポイント徹底解説鮎の主食でもある石に付着している珪藻はツルツルで滑りやすく、鮎釣りを楽しむ際にはフェルト底の鮎タビの用意が必須です。鮎タビの選び方を解説。あわせておすすめのモデルを紹介します。...

鮎ベスト

鮎ベストの画像出典:Amazon

「鮎ベスト」は予備の仕掛けやハリケースなど、さまざまな小物を収納する際に必要です。丈の短いショートベストで、腰や胸まで立ち込む鮎釣りを想定して設計されています。

ただ、近年ではベストを着用せず、必要最低限の小物だけをポーチなどに収納して釣りを楽しむ「ライトスタイル」も普及しつつあります。

小河川や浅場で楽しむ際には、身軽で軽快な釣りを楽しめるおすすめのスタイルです。

軽快な服装で鮎釣り!「ライトスタイル」で気軽に楽しもう!鮎釣りの「ライトスタイル」は見た目にも涼しげな身軽な服装が特徴。軽快なフットワークで快適に鮎釣りを楽しめます。ライトスタイルのおすすめアイテムを紹介。メリットや注意点も解説します。...

鮎キャップ

鮎キャップの画像出典:Amazon

鮎釣りは真夏の炎天下で釣りをすることも多いため、ほとんどの釣り人はキャップを被ります。

耐久性に優れたゴアテックスを使用したタイプや、暑いときに快適なメッシュタイプなど、お好みで選べばよいでしょう。

偏向サングラス

偏光サングラスの画像出典:Amazon

偏向サングラスは紫外線から目を守るほか、乱反射を防ぐため川のようすや石の色、魚の存在などが見やすく、あると便利です。

釣り用ではタレックスなど高性能偏向グラスが人気ですが、偏向タイプであれば使用できます。

掛け心地やデザインで選んでもよいですが、レンズの色も重要。
一般的なサングラスのような黒の濃いタイプは悪天候時に見えにくくなるため、薄いグリーン系やブラウン系がおすすめです。

鮎釣りに最適な「偏光サングラス」オススメ!選び方4つのポイント鮎釣りでは水面が反射して見えにくいため、「偏光サングラス」は欠かせないアイテムです。オススメモデルを紹介するほか、メリットや選び方、お手入れ方法なども合わせて解説します。...

鮎釣りの疑問アレコレ

雨の日でも鮎釣りできるのか?

雨の日でも鮎釣りはできます。
ただ、鮎は晴れている日に活性が上がるとされ、雨のほうが釣れるわけではありません。

むしろ、釣れないパターンのほうが多いため、朝から雨なら控えるのがおすすめです。
また、雨による川の増水にも注意しなければなりません。

釣りの最中に天候が悪化した際や、大会など雨天で竿を出すならレインウエアを用意しておきましょう。

鮎釣り用のレインウエアは、鮎ベスト同様、立ち込みを重視して丈の短いのが特徴です。

高機能な鮎釣り用レインウェアのオススメ!必要な理由と選び方雨の中で快適に鮎釣りを楽しみたいのであれば、高機能なレインウェアは欠かせません。レインウェア選び方や雨の中で鮎釣りを楽しむ際の注意点を解説。オススメのレインウェアを紹介します。...

日除け対策は必要?

近年の夏の暑さは異常であり、日焼けが心配な場合は日除け対策を万全にしたほうが安心です。

長袖シャツを着用するほか、首周りを覆うクールネック、フェイスカバーなどが販売されているのでチェックしておきましょう。

また、長袖のシャツを着用する場合、グローブを着用すると手の甲だけが真っ黒に日焼けしてしまうのを防げます。

グローブはどれでもよいわけではなく、ハリが刺さらないように手のひらが空いている鮎釣り用グローブを購入しましょう。

日除けアイテムで紫外線対策!快適に釣りを楽しもう鮎釣りに女性が極端に少ない理由のひとつが「強い紫外線」です。日焼けの危険性を解説するのと合わせて、日焼け対策に最適なおすすめアイテムをご紹介します。 ...

オトリはどこで買えるのか?

初心者さん

オトリってどこで売っているの?だいたいいくら?  

鮎釣りを楽しむには、生きた鮎「オトリ」を用意する必要があります。
鮎が遡上する川や漁協組合が放流をおこなっている河川周辺の「オトリ屋」で購入可能です。

川沿いや鮎釣りポイントの周辺には、「オトリ」のノボリが立っている場合が多いのですぐわかります。

1匹だけではトラブルで失った際に釣りにならないため、通常は2~3匹購入。
価格は河川やオトリ屋さんにもよりますが、1匹500円前後です。

連泊で釣りを楽しむ際などは川で生かしておいたり、オトリ屋さんに預かってもらったりするのが一般的なので、ほとんどの場合は最初に買うだけですみます。

川ではお金が必要なのか?

鮎釣り
初心者さん

天然鮎を釣るし、自然の川だから無料でいい?  

天然鮎の遡上の有無に関わらず、ほとんどの鮎釣り河川は漁協組合が管理して放流事業をおこなっており、竿を出すには「入漁券」が必要です。

放流事業をおこなっている漁協組合は入漁料を徴収する権利があり、入漁券の購入を拒否することはできません。

入漁券はオトリ屋で購入できますが、近隣のコンビニで購入できる場合もあるので確認しておきましょう。

入漁券は「鑑札」と呼ばれ、一般的には当日だけ釣りができる「1日券」とシーズンを通して釣りができる「年券」があります。

鮎釣りを趣味としている方は、頻繁に通う川をホームグラウンドとし、年券を購入するのが一般的です。

釣行回数によってどちらがお得かは異なるため、釣行予定を考慮しながら選択しましょう。
価格は川によって異なり、1日券の場合で数100円から数千円の川までとさまざまです。

鮎釣りのマナーとは?

釣りはジャンルによって独特のマナーがあります。

ゴミを捨てない、駐車禁止エリアに駐車しないなど一般的な常識を守るのは当然ながら、鮎釣り特有のマナーも覚えておくと安心です。

もっともトラブルになりがちなのが、竿と竿の間隔。
川に入る際は、先に入っている釣り人と竿1本以上間隔を空けるのがマナーです。

鮎竿は9mほどと長いため、十分な距離を保たないと竿同志がぶつかるなどトラブルが発生するため注意してください。

鮎釣りのマナーについては、下記の記事でも詳しく解説しています。

鮎の友釣りにはどんなマナーがある?初心者に覚えてもらいたい6つのマナーどんなジャンルの釣りにも特有のマナーがありますが、鮎の友釣りにももちろん存在します。とくに初心者においては、マナーがわからず釣り場で怒られることもあるかもしれません。そんな嫌な思いをしないよう、一度しっかりと鮎釣りならではのマナーを確認しておきましょう。...

疑問を解決できたら鮎釣りをはじめてみよう!

釣りにはさまざまなジャンルがありますが、その道のエキスパートであっても夏になると鮎釣りに没頭するほどの魅力を秘めています。

野鮎を掛けるまでの駆け引き、強烈なアタリ、無事取り込んだんときの安堵感、美しい魚体……魅力を挙げたらキリがないほどです。

仕掛けも特殊で奥深く、オフシーズンも研究に余念がない鮎師も多くいます。

真夏の太陽が照りつけるなか、きれいな清流に立ち込んで楽しむ鮎の友釣り。
ぜひ、一度体験してみてはいかがでしょうか?

TOPページへ