シマノ(SHIMANO)
PR

シマノ「メタキングナノ」を拡大画像で検証!あの人気ラインと比較も

KOU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2022年にシマノから発売された「メタキングナノ」。
圧倒的な細さが注目のNEW複合メタルライン、試してみたでしょうか?

今回、恒例の拡大画像を使って、全号数を比較検証しました。

人気ラインとも比較したので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

シマノ複合メタルライン「メタキングナノ」とは

メタキングナノ 全号数
撮影:鮎釣りHACK

「メタキングナノ」は、2022年にシマノから発売された複合メタルラインです。

これまでにない細さを実現しているとして、注目されています。

特殊なポリエステル系の芯線に2本のタングステンを撚り合わせており、比重3.65でオールラウンドに使いやすいのが特徴。

直線強力と結束強力に優れていると謳っているほか、塗装工程の見直しによって目印の移動もスムーズにおこなえるとしています。

長さ12mと21mの2タイプにくわえて、完全仕掛けも発売されているので、気になる方はチェックしてみてください。

号数 長さ カラー
0.006号 12m・21m オレンジ
0.008号
0.02号
複合メタルラインについてもっと知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。

メタキングナノをあの人気ラインと拡大画像で比較

もっとも細い号数が0.006号で「細すぎるのではないか」と、不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

ラインの号数は、各メーカー独自の基準で表示しています。

メーカーによっては線径を表示している場合もありますが、ほとんどが号数のみであり、違うメーカーの製品同士を号数のみでは比較できません。

では、まずはメタキングナノの全号数の画像から見ていきましょう。

メタキングナノ拡大画像

見た感じ、極端に太さの違いは感じられません。
代表して、0.02号をさらに拡大してみました。

メタキングナノ拡大画像

タングステンをきれいに撚ってありますね。
目印の移動もスムーズにおこなえるのではないでしょうか?

次に、手持ちのメタコンポデュラ0.07号と、メタキングナノ0.02号を並べてみました。

メタキングナノ比較画像

号数としてはメタコンポデュラのほうが3倍以上太いわけですが、そこまでの差はどう見てもありません。

このように、異なるメーカーのラインを号数のみでは比較できないわけです。

ツルツル具合は、メタコンポデュラのほうに分があるように見えます。
最後に、ホクエツの至高のライン0.025号と比べてみましょう。

メタキングナノ比較画像

メタキングナノ0.02号のほうが、太く見える気がします。
ただ、メタキングナノのほうが撚りは断然きれいですね。

ダイワ(DAIWA)
¥3,165 (2024/03/01 04:36:06時点 Amazon調べ-詳細)
メタコンポデュラについては、下記の記事で詳しく取り上げています。

メタキングナノの強さは実釣でチェックしよう

メタキングナノと、ライバルともいうべき人気ラインを拡大画像で比較してみました。

ご覧いただいたように、号数の表示だけでは太さを比べられません。

実際に川で使ってみて、オトリの入りやすさや強さをチェックするのが一番。

さまざまなラインを試してみて、自分にぴったりなラインを探してみてください。

オススメ記事
最新記事
人気記事
記事を探す
記事URLをコピーしました