鮎釣りHACは古い記事でも追記・調整などメンテナンスしながら、常に新しく役立つ情報発信を目指しています。
ハナカン
PR

【2024年】「ハナカン」の選び方4つのポイント!バラと市販仕掛けのおすすめ製品

KOU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

鮎釣りの仕掛けの大きな特徴のひとつが「ハナカン」です。

オトリに仕掛けをセットするために必要で、絶対的に欠かせないアイテム。

とはいえ、鮎釣りをこれからはじめる方の中には、どのように選んだらよいのか迷っている人もいるのでないでしょうか?

そこで今回は、ハナカンにフォーカスして選び方やつけ糸と接続する方法を解説します。

編集部KOU
編集部KOU

あわせて、自作用のバラ製品やすぐ使えるハナカン仕掛けのおすすめ製品も紹介するので、参考にしてみてください。

友釣りの「ハナカン」とは

鮎釣り仕掛けハナカン仕掛けの場所を説明するイラスト

ハナカンとは、オトリに鼻にセットする友釣りのパーツです。

Q
続きを読む

バラのハナカンを購入して自作するか、市販されているハナカン仕掛けを使用します。

ハナカン仕掛けは、ハナカン周り糸にハナカンとサカサバリをセットした仕掛けのことです。

いずれにせよ、中ハリスを任意の長さに調節して水中糸や下つけ糸に接続します。

ちなみに、天上糸から水中糸、ハナカン仕掛けまでがセットになっているのが市販の「完全仕掛け」です。

鮎釣り初心者で仕掛けについての知識がほとんどなければ、まずは市販の完全仕掛けではじめてみるのもよいでしょう。

完全仕掛けについては以下の記事で詳しく解説しているので、よかったらチェックしてみてください。

ハナカンの選び方

ハナカンは、鮎友釣りの特殊性を象徴するパーツのひとつです。

これから鮎釣りをはじめようと考えているなら、選び方のポイントを押さえておきましょう

バラで自作するか、ハナカン仕掛けを購入する

ハナカン仕掛けを用意するには、完成品のハナカン仕掛けを購入するか、バラのハナカンと中ハリスや編み込み糸を使って自作する方法があります。

では、それぞれのメリットを見ていきましょう。

バラの「ハナカン」で自作するメリット
ハナカン仕掛けを自作するメリット
  • 好みのパーツを選べる
  • コストを抑えられる
  • こだわりを詰め込める
Q
続きを読む

好みのパーツを選べる

市販のハナカン仕掛けは、当然ながら各メーカーのパーツで構成されています。

バラのハナカンを用意すれば、ハナカンはもちろんサカサ針、中ハリスを自分好みで選べるのがメリット。

それぞれに号数や長さ、カラーなど自由自在です。

コストを抑えられる

市販のハナカン仕掛けは当然ながら製造コストが販売価格に上乗せされています。

自作したほうが圧倒的にコストを抑えられ、なるべく節約したい方にぴったりです。

こだわりを詰め込める

自作するなら、自分のこだわりを思い通りに詰め込めます。

編み込みに工夫したり、サカサ針を誘導式にしたりなど自由自在です。

もちろん、初心者に自作は難しいですが、鮎釣りを続けるうちに「ここはこうしたほうが……。」といった、こだわりをもつようになるはず。

まずは市販のハナカン仕掛けを使い、慣れてきたら自作にもチャレンジしてみましょう。

市販の「ハナカン仕掛け」を使うメリット
市販のハナカン仕掛けを購入するメリット
  • 仕掛けづくりの手間を省ける
  • こだわりの鮎釣り仕掛けを手軽につくれる
  • 忙しい人に便利
  • 仕掛けづくりの参考になる
  • スペアとして重宝する
Q
続きを読む

仕掛けづくりの手間を省ける

ハナカン仕掛けの自作は、ハナカンを編み込んだりサカサバリを根まき糸で巻いたりなど少々特殊です。

他ジャンルの釣りの経験があっても、ハナカン仕掛けをいきなり自作するのは難しいかもしれません。

市販のハナカン仕掛けを使用すれば、下つけ糸に接続するだけと簡単です。

ハナカン仕掛けの自作は、市販のハナカン仕掛けを使いこなせるようになってからでも遅くはありません。

まずは市販のハナカン仕掛けを使って、手軽に鮎釣りを楽しんでみましょう。

こだわりの鮎釣り仕掛けを手軽につくれる

各メーカーが販売している「完全仕掛け」は、基本的に自社製のパーツで構成されています。

したがって、ハナカン仕掛けはA社、水中糸はB社、サカサ針はC社など、好みの組み合わせにはできないわけです。

しかし、少しずつ鮎釣りが上達するにつれて、仕掛けにこだわりが生まれるもの。

お気に入りの水中糸や天上糸などと、自分好みのハナカン仕掛けを組み合わせて使ってみたくなるでしょう。

市販のハナカン仕掛けを活用すれば、好みの天上糸や水中糸、下つけ糸と接続可能です。

ハナカンとサカサ針、中ハリスとの組み合わせはある程度限られるものの、市販の完全仕掛けよりは自由度の高い鮎釣り仕掛けを手軽に作れます。

忙しい人に便利

ハナカン仕掛けの自作は、慣れているベテランでもある程度の時間を要します。

朝早くから川へいく予定がある前日に残業で夜遅く帰宅し、仕掛けの準備をしていないと慌ててしまうこともあるでしょう。

そんなとき、市販のハナカン仕掛けを用意しておけば安心です。

そのまま川へ持っていき、中ハリスを好みの長さに調整して水中糸と接続するだけと、簡単に仕掛けの準備ができます。

仕掛けづくりの参考になる

各メーカーが販売しているハナカン仕掛けの多くは、鮎釣りのエキスパートが監修しています。

ハナカン仕掛けを自作したことがなければ、大いに参考になるでしょう。

近年、市販のハナカン仕掛けや完全仕掛けは丁寧かつ精巧につくられており、高品質です。

使い心地を体感しながら参考にすれば、いずれ仕掛けを自作する際に役立ちます。

また、ウェポン仕掛けやサカサ移動式、背バリ移動式など、特殊なハナカン仕掛けにも注目です。

入手して参考にすれば、鮎釣りの仕掛けづくり上達の近道にもなります。

スペアとして重宝する

仕掛けをすべて自作している方でも、市販のハナカン仕掛けを持っていれば役に立つ場合があります。

たとえば遠征の際、十分に予備のハナカン仕掛けを用意したにもかかわらず、根掛かりに悩まされて足りなくなるケースがあるかもしれません。

そんなとき、市販のハナカン仕掛けを持ち合わせていれば安心です。

仕掛けがなくなってしまったので終了、などと最悪の事態を避けられます。

号数をチェック

ハナカンには、号数で大きさがわかれています。

Q
続きを読む

基本的には、釣れる鮎の大きさに合わせるのが一般的です。

オーソドックスな大きさは、6.0号か6.5号あたりです。

オトリの大きさに対して大きすぎると、水流抵抗を受けやすく負担がかかるのが気になる場合があります。

なかには、初期は5.0号や5.5号、盛期は6.0号か6.5号、終期は7.0号以上などと、使い分ける方もいるので参考にしてください。

中ハリスの長さをチェック

市販のハナカン仕掛けを選ぶ際は、中ハリスの長さをチェックしておきましょう。

Q
続きを読む

中ハリスとは、ハナカンやサカサ針を接続している糸。

製品によって長さが異なり、とくに下糸を接続しない「ワンピース仕掛け」の場合は短いと使えない恐れがあります。

ワンピース仕掛けとして使うなら、中ハリスが40cm以上あると安心です。

タイプを選ぶ

ハナカンには、ワンタッチ式とフック式の2種類があります。

Q
続きを読む

主流は、脱着が簡単なワンタッチ式です。

初心者でも簡単に脱着できる反面、まれにオトリが外れる場合があります。

フック式は、開いてオトリに通したらカチッとはめて固定するタイプ。

確実にセットすればオトリが外れることはなく、大鮎狙いで使用するケースが多いです。

ただし、ごく少数派タイプなので製品の数も限られます。

とくにこだわりがなければ、ワンタッチ式を選んでおくとよいでしょう。

ハナカン仕掛けとつけ糸の接続方法

チチワ結び方
撮影:鮎釣りHACK編集部

ハナカン仕掛けは、ワンピース仕掛けで水中糸につなげるか、または下つけ糸と接続します。

下つけ糸は、オトリの泳ぎをコントロールするためにオバセ(水中抵抗)やクッションとして役割を果たす、水中糸と中ハリスの間に接続するラインです。

下つけ糸とハナカン仕掛けの接続にはさまざまな方法がありますが、初心者であれば簡単に結べる「チチワ結び」がオススメです。

もっとも一般的な結びで強度にも優れているので、覚えておきましょう。

Q
続きを読む

チチワ結び(8の字むすび)で接続する

わかりやすくヒモを使って説明します。

緑がハナカン仕掛け側の中ハリスで、青が下つけ糸側です。

まず、ハナカン仕掛け側の上部、下糸との接続部にコブをつくっておきます。

普通に固結びで大丈夫です。

チチワの結び方
次に、下つけ糸側をチチワ結びしますが、まずは下の画像のように2重に折ります。
チチワの結び方
輪っか部分を下に回します。
チチワの結び方
画像のように通していきます。
チチワの結び方
そのまま締め上げればチチワの完成です。
チチワの結び方

締める際は一気に力を入れると、摩擦で強度が低下してしまうので要注意。

結び目を少し濡らして摩擦を弱めるのも有効です。

続いて、下糸に接続します。

次に、下の画像のようにチチワの輪を真ん中で折ります。
チチワの結び方

左右の輪を外側に折りたたむと、下のようになります。

チチワの結び方
中ハリスを輪っかに通します。
チチワの結び方

少しずつ締め上げてコブで止めれば接続完了です。

チチワの結び方

2~3重にひねるのもオススメ

画像ではわかりやすくするため、もっとも簡単なパターンでつくりましたが、チチワの結び目を2重、または3重にひねる「3回ひねりチチワ」にすると強度がさらに上がるのでおすすめです。

ただし、慣れないと難しいため、ダイワからリリースされている「速攻8の字結び」を使えば簡単に3回ひねりチチワを作れるので、チェックしてみてください。

スピーディーかつ簡単に3回ひねりチチワを作れますよ。

ダイワ(DAIWA)
¥2,145 (2024/06/15 00:48:58時点 Amazon調べ-詳細)

鮎釣り仕掛けの「ワンピース仕掛け」とは

鮎釣り仕掛けのワンピース仕掛け
作成:鮎釣りHACK編集部

ワンピース仕掛けとは、つけ糸を使用せず、ハナカン周り糸(中ハリス)を長めにとる仕掛けです。

Q
続きを読む

つけ糸がないぶん結び目を数を減らせるため、糸が切れるトラブルを軽減できるほか、仕掛け作りの手間も省けます。

ただ、鮎の大きさによって異なりますが、下つけ糸が通常0.4号前後の太さなのに対し、ハナカン回り糸は0.6~0.8号と太めなのが特徴です。

つけ糸が太すぎるとオトリに負担がかかるため、ワンピース仕掛けを好まない方もいます。

ワンピース仕掛けはどちらかといえば、オモリを多用する方におすすめです。

市販のハナカン仕掛けをワンピース仕掛けに利用する場合は、長さをチェック。

つけ糸を接続するなら20~30㎝ほどで足りますが、ワンピース仕掛けでは40~55㎝ほどの長さが必要になります。

ワンピース仕掛けの接続では、ハナカン仕掛け側にチチワを作って水中糸側に結びましょう。

「ハナカン」のオススメ製品

ハナカンのバラタイプと市販仕掛けのメリットや接続方法がわかったところで、オススメのハナカンを見ていきましょう。

自作派のバラタイプと、すぐに使える市販のハナカン仕掛けに分けて紹介します。

ハナカンのバラ製品

オーナー(OWNER) ライトチューブ鼻カン No.16587

細軸・軽量設計のハナカンです。

オトリを安定させる高支点と、下部ラウンドで対称の独自形状を採用しています。

オーナー(OWNER) チタンチューブ鼻かん

従来品と比較して重量比40%軽減したと謳うハナカンです。
素材に超軽量チタン素材を採用しています。

がまかつ(Gamakatsu) 楽勝ハナカン

Gamakatsu(がまかつ)
¥990 (2024/06/14 02:17:49時点 Amazon調べ-詳細)

オトリ鮎の姿勢が安定しやすいバランス形状のハナカンです。

野鮎に追われやすい状態を維持すると謳っています。

先端部に面取り加工を施しているのも特徴です。

がまかつ(Gamakatsu) バラ 競技ハナカン(金)

Gamakatsu(がまかつ)
¥756 (2024/06/14 02:17:49時点 Amazon調べ-詳細)

競技会に勝つべく開発されたハナカンです。

オトリ鮎の動きをよくするため、限りなく軽量化を図っています。

ダイワ 快適ハンドリングハナカンゴールド

現代のトレンドでもある丸型タイプのハナカンです。

形状と線径をベストなバランスに最適化し、高レベルなオトリ操作性を実現しています。

少し細めながら、強度に優れた高グレード素材を使用しているのもオススメポイントです。

シマノ(SHIMANO) 色付ハナカン RG-AH2R

オトリに姿勢が安定しやすき丸型のハナカンです。

号数別に色分けパイプを採用し、見た目で確認しやすくなっています。

シマノ(SHIMANO) ワンタッチ丸型ハナカン 細軸SP ガンメタ RG-AL1N

チューブまで丸い、ワンタッチRチューブ採用のハナカンです。

下弦左右対称の丸型のセンターバランスにより、オトリに対するストレスが減少。

先端に面取り加工を施しており、刺しやすさも向上しています。

シマノ(SHIMANO) ドラゴンフォース ハナカン 9号

線径0.9mmの太軸設計のステンレス製ハナカンです。

瀬釣りでの大鮎狙い用仕掛けに適しています。

バリバス(VARIVAS) エクセラ鮎 ナチュラルハナカン

素材・形状・性能が高い評価を受けているハナカンです。

視認性に優れており、オトリの目印としても活躍します。

カツイチ(Katsuichi) エキスパートハナカンEX ブロンズ

真円に近いベンド形状のハナカンです。

オトリの鼻にフィットしやすく、泳がせのオトリ操作をサポートします。

カツイチ(Katsuichi) ストッパーハナカン EX #6

カツイチ(KATSUICHI)
¥495 (2024/06/14 02:17:56時点 Amazon調べ-詳細)

オトリ外れが圧倒的に少ないと高評価を得ているハナカンです。

従来品にニューウレタンチューブを採用してリファイン。

大きく使用感は変わらずに、ストッパー効果でオトリはずれを防止します。

カツイチ(Katsuichi) スーパーワンタッチハナカン EX #6

オトリの鼻に通しやすく脱着しやすいハナカンです。

高耐久・高品質なウレタンチューブを採用しています。

仕掛けの作りやすさなど、細かな部分にも配慮した形状もオススメポイントです。

市販のハナカン仕掛け

がまかつ(Gamakatsu) みえみえ楽勝ハナカン仕掛 TV331A

中ハリスに「鮎 中ハリスフロロ(蛍光みえみえイエロー)」を採用した、視認性に優れているハナカン仕掛けです。

ハナカンにはオトリの姿勢が安定しやすい「楽勝ハナカン」を採用しているほか、サカサ針は使いやすさを追求した「T1 楽勝サカサ」を使用しています。

ダイワ(DAIWA) 移動ハナカン仕掛け 皮打メガネタイプ

皮打ちしやすいサカサ針を使用したハナカン仕掛けです。

ハナカンには持ちやすく通しやすい「快適ハナカンR」、ハナカン周り糸にはフロロカーボンラインを採用しています。

サカサ針にはマーキングを施しており、ハリスを交換する際に見やすいタイプを探している方にオススメです。

ダイワ(DAIWA) 直結移動ハナカン仕掛け

ハナカン回り糸に、耐久性に優れているフロロカーボンラインを採用したハナカン仕掛けです。

ハナカンに持ちやすく通しやすい「快適ハナカンRS」、サカサ針には赤いマーキングで見やすい「D-MAX鮎サカサ針R」を採用。

ハナカン回り糸は長さ60cmと、下つけ糸を介さない「ワンピース仕掛け」にも対応できる仕様になっています。

ダイワ(DAIWA) 背針移動ハナカン仕掛け

背バリを装着してあるハナカン仕掛け。

流れの強い瀬でオトリを沈めたいシーンに適している、オススメ製品です。

全長35cmと短めなので、ワンピース仕掛けには向いていません。

ダイワ(DAIWA) 移動ハナカン仕掛け NH

ハリスをセットする際に穴に通す必要のない、フックタイプのサカサ針採用のハナカン仕掛けです。

ハナカン周り糸には、根ズレに強いフロロカーボンラインを採用しています。

シマノ(SHIMANO) 色付ハナカン仕掛け 徳用6個入り 5.5~7.5号

オトリの動きがよいとされる「ワンタッチ丸形ハナカン」採用のハナカン仕掛けです。

ハナカンとサカサ針には軽量なステンレスを採用しており、オトリへの負担を少なくしています。

がまかつ(GAMAKATSU) 楽勝ハナカン仕掛 TG-241A

使いやすいハナカンと、サカサ針をセットしているハナカン仕掛けです。

ワンピース仕掛けに対応する、全長80㎝のフロロカーボンラインを使用しています。

がまかつ(GAMAKATSU) 頂上ハナカン 中ハリス フロロ60cm付

PEラインを使ってコンパクトにハナカンを編み込んである、オススメのハナカン仕掛けです。

フロロカーボンラインの中ハリスを60㎝とってあり、下つけ糸を介さないワンピース仕掛けにも対応します。

がまかつ(GAMAKATSU) くっきりハナカン仕掛 TG-521A

大きい穴に白の塗装を施したサカサ針「サカサ革命」をセットしたハナカン仕掛けです。

「凄キープ」の搭載により、外れにくくなっています。

ハリスをセットしやすいタイプを探している方にオススメの製品です。

サンライン(SUNLINE) 鮎ハナカン移動仕掛FC 6個

釣りラインメーカー「サンライン」のハナカン仕掛けです。

サカサ針にはオリジナルのフック式タイプを採用しており、ハリスを素早くセットできます。

オーナー(OWNER) TN-43r 背鈎 中ハリス移動式

サカサ針に編み込み移動式を採用したハナカン仕掛けです。

ワイド穴仕様で穴に通しやすく、ハリス切れしにくいサカサ針「白一体サカサ」を採用しているほか、背バリをセットしてあります。

カツイチ(KATSUICHI) BS-2 移動ハナカン仕掛

使いやすい「スーパーワンタッチハナカン」を採用したハナカン仕掛け。

シンプルなベーシックタイプで、はじめて使用するハナカン仕掛けとしてオススメの製品です。

カツイチ(KATSUICHI) BS-21 ハッキリ仕掛

カツイチ(KATSUICHI)
¥787 (2024/01/29 13:09:27時点 Amazon調べ-詳細)

オトリ外れを防止する「ストッパー式ハナカン」採用のハナカン仕掛けです。

サカサ針には、見やすく通しやすいハッキリマーキングを施しています。

カツイチ(KATSUICHI) BS-22 ハッキリ仕掛フック式

ハリスを簡単にセットしやすい、フック式のサカサ針をセットしてあるハナカン仕掛けです。

ハナカン結び糸には、見やすい赤を採用しています。

カツイチ(KATSUICHI) 移動ハナカン仕掛半スレ BS-26 6.5-1.2

サカサ針に、外れにくい「半スレサカサ」を使用したハナカン仕掛け。

サカサ針が外れが気になる方にオススメです。

外れにくい一方、袖等に引っかかるとやっかいなので、初心者には向いていません。

カツイチ(KATSUICHI) エキスパートハナカン仕掛 ハリス止式 ES-28

極力丸形に近づけたフォルムが特徴の「エキスパートハナカン」採用のハナカン仕掛けです。

中ハリスには、縮れにくく扱いやすいフロロカーボンラインを採用しています。

カツイチ(KATSUICHI) 中ハリス移動背鈎仕掛 6.5-1.2 BS-23

背バリとサカサ針に、移動式を採用したハナカン仕掛けです。

オトリの元気度やポイントに合わせて、位置を調節したい方にオススメします。

カツイチ(KATSUICHI) ハッキリ・リモート仕掛 BS-24

着脱できる「リモート背バリ」をセットしたハナカン仕掛けです。

ハッキリマーキングやハッキリハナカン、ハッキリサカサなど見やすさにこだわっています。

カツイチ(KATSUICHI) ワンタッチ スーパーボンバー BS-31

引けば潜り、ゆるめればウエポンになる1つ2役のハナカン仕掛けです。

サカサ針も編み込み移動式になっています。

カツイチ(KATSUICHI) ワンタッチ 3WAYウェポン BS-33

ウエポン・ごくらく・泳がせと、1つで3役をこなすハナカン仕掛けです。

特殊なハナカン仕掛けを研究してみたい方にオススメします。

カツイチ(KATSUICHI) 背鈎ハナカン仕掛 BS-3

ハリス切れを防ぐ構造のサカ針付イカリ対応のハナカン仕掛けです。

バリバス(VARIVAS) 804 エクセラ鮎 鼻カン回リ仕掛

中ハリスにフロロカーボンラインを採用したハナカン仕掛けです。

サカサ針にはフック式でハリスをセットしやすい「ウェーブサカサ」を採用しています。

ハナカンに関するよくある質問

どこのメーカーのハナカンがいいの?

釣り具メーカーの製品なら安心して使えますが、ダイワがまかつカツイチなどが多くの製品を販売しています。

ハナカン仕掛けの自作は難しい?

ハナカン仕掛けの自作は、基本的に編み込みができる必要があります。

編み込みには両編み込み・片編み込み・プールジックがあり、いずれも慣れるまで時間がかかるでしょう。

チャレンジするなら失敗を繰り返しながら上達するしか方法はありません。

なお、ハナカンを中ハリスに編み込む際は、編み込み台が必要です。

ハナカン仕掛けはどのくらいで交換する?

中ハリスが擦れて摩耗したり、サカサ針が曲がったりなど不具合が発生したら交換しましょう。

とくに、プールジックなどの移動式編み込みでは、動かしているうちに摩耗して突然切れる場合があります。

お気に入りのハナカン仕掛けを見つけよう

ハナカン仕掛けは、多くの鮎師がそれぞれに強いこだわりを持っている部分です。

初心者であれば、いずれ自作を始めるときの参考にもなるので、まずは市販のハナカン仕掛けを使ってみるのがオススメ。

釣りに慣れてきたら、バラタイプを購入してハナカン仕掛けの自作にもチャレンジしてみましょう。

オススメした製品を参考に、お気に入りのハナカンを見つけてみてください。

本記事の更新情報

  • 2024年4月30日:選び方とよくある質問を追加し、廃盤で在庫がない製品を削除しました。また、全体的に読みやすく調整しました。
オススメ記事
最新記事
人気記事
記事を探す
記事URLをコピーしました