鮎釣りHACは古い記事でも追記・調整などメンテナンスしながら、常に新しく役立つ情報発信を目指しています。
鮎竿
PR

ダイワ「銀影競技スペシャル MT」がリニューアル!

KOU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ダイワのパワーロッド「メガトルク」シリーズ最高峰鮎竿「銀影競技スペシャル MT」がリニューアルし、2024年2月に新発売されます。

スペシャルシリーズの瀬釣り専用ロッドであり、パワーロッドながら230g台の軽さが魅力。

瀬釣りロッドの重さが気になる方におすすめの1本です。

では、詳細や旧モデルとのスペックの違いをみていきましょう。

ダイワ「銀影競技スペシャル MT」

出典:DAIWA

銀影競技スペシャル MTは、ダイワの瀬釣りロッドシリーズ「メガトルク」の鮎竿です。

ダイワ鮎竿の最高峰シリーズ「スペシャル」のモデルで、カーボンに「SPECIAL-Z-SVF-NANOPLUS」を採用した圧倒的な軽さが魅力。

パワーロッドながら、オールラウンドなAシリーズに匹敵する繊細さと滑らかさを備えていると謳っています。

今回新たに、 スイッチングシステムを搭載 している点にも注目。

2番の穂持ちを切り替えてパワーをアップさせるシステムで、状況に合わせて使い分けが可能です。

また、激流や尺鮎対応のHタイプを今モデルよりラインナップしています。

 ダイワの鮎竿をもっと見たい方は、以下の記事もチェックしてみてください。 

歴代史上最強のパワーと粘り

前モデルの銀影競技スペシャル MTと比べて元竿と元上のパワーを向上により、 歴代至上最強のパワーと最高の粘りを実現 していると謳っています。

高負荷が掛かると、スムーズに竿全体が曲がり込んで粘強性能を発揮するのが特徴。

全国の瀬釣りポイントや大鮎河川でフィールドテストを重ね、各セクションの細部までこだわった調子のセッティングをおこなっています。

スイッチシステム搭載で最大50㎝ショート化

出典:DAIWA

新モデルの銀影競技スペシャル MTには、近年続々とダイワの鮎竿に採用されているスイッチングシステムを搭載しています。

30cm短い穂持ちが付属しており、入れ替えることでパワーが向上。

よりパワーが必要なシーンで、 8.7mのパワーロッド として使用できます。

パワータイプSMTチューブラー標準替穂先(-20cm)

出典:DAIWA

銀影競技スペシャル MTには、標準のカーボンチューブラー穂先にくわえて 「パワータイプSMTチューブラー穂先」が付属 しています。

柔軟性が特徴のSMT穂先ながら、パワータイプで大きなオトリの操作や引き抜きがしやすいのが特徴。

標準のカーボンチューブラー穂先よりも20cm短く、スイッチングシステムで穂持ちと併せて切り替えると8.5mのパワー鮎ロッドとして活躍します。

「銀影競技スペシャル MT」新旧比較

 
比較項目 新:MT90・K 旧:MT H90・K
全長 9.00m 9.00m
継数 7本 7本
仕舞寸法 153cm 153cm
自重 238g 233g
穂先

・本穂先:カーボンチューブラー
・標準替穂先:パワータイプSMTチューブラー

・本穂先:カーボンチューブラー
・標準替穂先:SMTチューブラー

替え穂持(#2) パワータイプ標準替穂持ち(-30cm) なし
カーボン SPECIAL-Z-SVF-NANOPLUS SPECIAL-Z-SVF-NANOPLUS
価格 405,000円 402,000円

新旧モデルを比較してみると、スペック的にはほとんど変わりません。

もっとも大きな違いがパワータイプ標準替穂持ち付属でパワーと長さを切り替えられる点です。

また、替え穂先のSMTチューブラーがパワータイプになっています。

 スイッチングシステム搭載ながら、価格があまり変わらない のも嬉しいですね。

ダイワ「銀影競技スペシャル MT」ラインナップ

銀影競技スペシャルMT 90・K

急瀬対応の標準モデルです。

初期の小型にも対応しやすく、さまざまなポイントで使いたい場合に適しています。

  • 全長:9.00m
  • 継数:7本
  • 仕舞寸法:153cm
  • 標準自重:238g
  • 先径/元径:1.8(1.1)/24.1mm
  • 錘負荷:0~8(0~12)号
  • 適合水中糸(メタルライン):0.05~0.35号
  • 適合水中糸(ナイロン):0.15~1.0号
  • メーカー希望本体価格:405,000円

銀影競技スペシャルMT H90・K

尺鮎対応のHタイプです。

22~26cmクラスを瀬の流芯から豪快にブチ抜くシーンに適しています。

  • 全長:9.00m
  • 継数:7本
  • 仕舞寸法:153cm
  • 標準自重:246g
  • 先径/元径:1.9(1.1)/24.4mm
  • 錘負荷:0~10(0~15)号
  • 適合水中糸(メタルライン):0.07~0.4号
  • 適合水中糸(ナイロン):0.175~1.2号
  • メーカー希望本体価格:410,000円

共通の機能

  • チャージリング
  • 特殊撥水処理
  • スーパーリング構造
  • 新触感パワーグリップ
  • 銘板付下栓
  • 元竿口金処理
  • パワータイプSMTチューブラー標準替穂先(-20cm)
  • パワータイプ標準替穂持ち(-30cm)
    ※本穂先はカーボンチューブラー
    ※専用設計の別売パーツを設定:SMT(スーパーメタルトップ)

銀影競技スペシャル MTで豪快な鮎釣りを楽しもう!

メガトルクシリーズ最高峰鮎ロッド「銀影競技スペシャル MT」。

新たにスイッチングシステムを搭載し、さまざまなシーンに合わせて長さとパワーを切り替えられるのが魅力です。

気になる方は、2024年1月からのフィッシングショーや展示会で手に取ってみてくださいね。

鮎竿のオススメ記事一覧

クリック【2024年】鮎竿の安い・軽いおすすめランキング!初心者が選ぶ際のポイントを解説▶

クリック【2024年】「短竿」のオススメ!短いメリットと長さの選び方を解説▶

クリック「大鮎・尺鮎の竿」オススメ21選!選び方4つのポイント▶

クリック【2024年】「ダイワ鮎竿」全シリーズ徹底解説!初心者おすすめ6選▶

クリック【2024年】シマノ「鮎竿」全シリーズを徹底解説!初心者おすすめ5選▶

クリック【2024年】がまかつの鮎竿全シリーズ!コンセプト別おすすめモデルを紹介▶

クリック【2024年】シモツケの鮎竿おすすめ全シリーズ!コスパの良い1本を見つけよう▶

クリック【2024年】「8mの鮎竿」価格帯別オススメ12選!メリット・デメリットを解説

クリック鮎竿「ズーム」機能のメリット・デメリット!おすすめ製品を紹介

オススメ記事
最新記事
人気記事
記事を探す
記事URLをコピーしました