鮎釣りHACは古い記事でも追記・調整などメンテナンスしながら、常に新しく役立つ情報発信を目指しています。
鮎竿
PR

シマノ鮎竿「スペシャル バーサトル」5代目モデルが登場!

KOU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

シマノの人気モデル「スペシャル バーサトル」が、5代目モデルとしてリニューアルされました。

粘りと操作性を重視して開発されており、瀬釣りはもちろん立て竿での泳がせも難なくこなすオールラウンドロッドです。

では、詳しくみていきましょう。

2022年NEW! シマノ「スペシャル バーサトル ND/ZD」

2006年のデビューから5代目となる「スペシャル バーサトル」が、2022年にリニューアルされました。

スペシャル バーサトルといえば、細身肉厚の胴調子で瀬釣り用モデルという印象。

今回のリニューアルでは操作性の向上を重視してシャープに仕上がっており、立て竿の泳がせ釣りでも持ち重りしにくなっています。

監修の小沢聡氏いわく「操作性・丈夫さ・パワーのすべてで80点以上を目指したとのこと。

今回にリニューアルでは全ラインナップをH2.75で統一し、よりパワーもアップしています。

どんな川やポイントでも幅広く対応できる、オールラウンドなロッドを求めている方にオススメです。

ちなみに型番ですが、ズームモデルが従来のZWからZDに、ノーマルモデルがNWからNDになっていますので、購入する際は確認しておきましょう。

「スペシャル バーサトル」のラインナップと前モデルとの比較

まず85と90モデルですが、H2.6からH2.75へとパワーアップしたぶん、やや重量が増えています。

それにともなってか、価格も1万円値上げしていますね。

ズームモデルのパワー設定は前モデルもH2.75でしたが、重量は増加。

ノーマルモデルと比べて微細な変更なのか、5,000円の値上げにとどめています。

標準穂先は従来のエキサイトトップチューブラーから、より進化したチューブラー穂先「エキサイトトップⅡチューブラー」に。

替え穂先はパワータイプエキサイトトップチューブラーではなく「ソリッドタフテック∞」に変更されており、ソリッド派にはうれしいですね。

85ND

やや短めの8.5mモデルです。
短竿の人気モデル「スペシャル小太刀」と比べて粘り強さが特徴。

先調子で操作性をより重視するならスペシャル小太刀、瀬で粘りを発揮する竿を探しているならスペシャル バーサトルが適しています。

品番 全長 H表示 自重 価格
【新モデル】85ND 8.5m H2.75 215g 245,000円
【前モデル】85NW 8.5m H2.6 207g 235,000円

90ND

大河川に適した9.0mのモデルで、22cmクラスなら楽々引き抜けるとのこと。

前モデルのH2.6からH2.75へとパワーアップしており、強い流れや盛期の良型に対応します。

品番 全長 H表示 自重 価格
【新モデル】90ND 9.0m H2.75 242g 260,000円
【前モデル】90NW 9.0m H2.6 232g 250,000円

90-85ZD

唯一のズームモデルです。

調子はノーマルモデルと変わらないものの、パットが2重になる部分の影響でやや硬さがあるとのこと。

縮めるズーム仕様は前モデルと変わらず、さまざまな状況に長さで対応したい方にオススメです。

品番 全長 H表示 自重 価格
【新モデル】90-85ZD 9.0~8.5m H2.75 250g 270,000円
【前モデル】90-85ZW 9.0~8.5m H2.75 250g 265,000円

シマノ「スペシャル バーサトル」スペック

右にスクロールできます。

品番 全長 H表示 継数 自重 適合オモリ 適合水中糸(ナイロン) 適合水中糸(メタル) 本体価格
85ND 8.5m H2.75 7本 215g 0~6号 0.1~1号 0.04~0.25号 245,000円
90ND 9.0m H2.75 8本 242g 0~6号 0.1~1号 0.04~0.25号 260,000円
90-85ZD 9.0m H2.75 8本 250g 0~6号 0.1~1号 0.04~0.25号 270,000円

 

迷ったなら「スペシャルバーサトル」

5代目となるシマノ「スペシャルバーサトル」。

前モデルよりもシャープになってパワーもアップしており、柔軟すぎると感じていた方にオススメです。

オールマイティに活躍するモデルなので、竿の購入で迷っているのならチェックしてみてはいかがでしょうか?

 シマノの鮎竿については、下記の記事でも詳しく取り上げていますので、参考にしてみてください。 
【2024年】シマノ「鮎竿」全シリーズを徹底解説!初心者おすすめ5選 鮎竿を製造・販売しているメーカーのなかでも、一二を争うトップメーカーのひとつが「シマノ」です。 エントリーモデルから独自の最新テ...

鮎竿のオススメ記事一覧

クリック【2024年】鮎竿の安い・軽いおすすめランキング!初心者が選ぶ際のポイントを解説▶

クリック【2024年】「短竿」のオススメ!短いメリットと長さの選び方を解説▶

クリック「大鮎・尺鮎の竿」オススメ21選!選び方4つのポイント▶

クリック【2024年】「ダイワ鮎竿」全シリーズ徹底解説!初心者おすすめ6選▶

クリック【2024年】シマノ「鮎竿」全シリーズを徹底解説!初心者おすすめ5選▶

クリック【2024年】がまかつの鮎竿全シリーズ!コンセプト別おすすめモデルを紹介▶

クリック【2024年】シモツケの鮎竿おすすめ全シリーズ!コスパの良い1本を見つけよう▶

クリック【2024年】「8mの鮎竿」価格帯別オススメ12選!メリット・デメリットを解説

クリック鮎竿「ズーム」機能のメリット・デメリット!おすすめ製品を紹介

オススメ記事
最新記事
人気記事
記事を探す
記事URLをコピーしました