栃木県

解禁から好調な栃木県「粕尾川」で鮎釣り!

2022年7月上旬、栃木県の「粕尾川(かすおがわ)」へ行ってきました。

近隣の大芦川よりは知名度がやや低いものの、水がきれいで美味しい鮎が釣れるとの評判の河川。

超渇水ながら楽しめたので、そのときの様子をお送りします。

当記事の内容は、釣行当日の情報です。直近の情報については、漁協・オトリ屋・最寄りの釣り具店などにお問い合わせください。 

渇水の粕尾川へ

関東では観測史上はじめて6月に梅雨明けが発表され(9月に見直される可能性がある)、その後もまとまった雨もなし。

期待された台風による降雨もなく、栃木県の鮎釣り河川はどこも超渇水状態です。

どこへ行こうかと考えた結果、解禁から好調に釣れていると評判の栃木県鹿沼市の粕尾川へ。

粕尾川の鮎釣り

「粕尾川」の川名は、思川上流の柏尾川漁協管内での呼び名であり、地図上には「思川」と表記されています。

上流域ならではの清らかな流れが魅力。

ポイントによっては大石がゴロゴロしており、渓流相の雰囲気で鮎釣りを楽しめます。

下柏尾地区に入川

実は、20年ぶりくらいの柏尾川。

前回は上流部に入ったので、新規開拓でエリア下流域の下粕尾地区に入りました。

入川場所がよくわからなくウロウロしていると、駐車しやすいスペースを発見。
ここでやることにします。

粕尾川の鮎釣り

駐車スペース目の前の流れは、このあたりでもっと水量が多くよさそうなのですが、相当叩かれているだろうと思い少し下流へ。

粕尾川の鮎釣り

午前8時半スタート。
緩い流れを上飛ばしで、すぐ1匹目が掛かります。

粕尾川の鮎

少し小ぶりですが、黄色くコンディションのよい鮎でほっとしました。

本日の竿は、川幅の狭い川なので短竿をチョイス。
がまかつの伸徹3です。

がまかつ 伸徹

7.2-6.2mの1mズームで、頭上に木々の多い小河川ではほんと重宝しますよ。

ただ短いぶんタメが効きにくく、鮎が大きくなると伸されやすいかも。
大鮎狙いでは、高切れに注意しましょう。

【2022年】「短竿」のオススメ!短いメリットと長さの選び方を解説「短竿」とは長さ8m以下の鮎竿。軽量で扱いやすく風にも強く、長竿の使いにくいポイントでも活躍します。短竿のメリットと長さの選び方を解説。オススメモデルを紹介します。...

鮎の魚影は濃く、その後もポツポツ掛かります。

粕尾川の鮎釣り

全体的に前回の大芦川よりは型がいいものの、やや小さめですね。
でも、すごくきれいな鮎でした。

粕尾川の鮎

野鮎が追ってくる様子や、掛かってギラっと光る瞬間がたまりません。
水がきれいな川の醍醐味ですね。

ただ、超渇水の影響か、群れています。
砂利のうえに出ている岩盤に群れて、しきりに食んでいました。

粕尾川の鮎釣り

オトリを入れると逃げるような群れではなく、馴染めばすぐに掛かります。
それをオトリにして流れに放てば、一目散に群れに戻っていきましたよ。

それにしても今回の粕尾川、とにかく渇水がひどく浅い……。

粕尾川の鮎釣り

上下だいぶ歩きましたが、浅すぎて正直やりたい場所が少なく、早めに終了。
とはいえ、ちょっとした入れ掛かりもあり、楽しい釣行でした!

粕尾川の鮎釣果




粕尾川釣行データ

入川エリア

当日のタックル

ロッド

7.2mで使用。穂先は「SⅡソリッドトップ穂先」

天上糸

水中糸

つけ糸

中ハリス

ハナカン

サカサ針

ハリ

当日の水位

天満橋地点:-0.15m

栃木県の鮎釣り河川情報

増水後にまた訪れたい柏尾川

粕尾川は全体的に川幅は狭いものの、下流域から上流域まで釣り場が続いています。

ただ、いかんせん今回は水が少なすぎて残念。

小さいながらも数100匹の群れがあちらこちらに見られたので、増水後は期待できるのではないでしょうか?

東北自動車道「栃木IC」を降りてから一本道と、首都圏からのアクセスも良好です。

機会があれば、ぜひ一度訪れてみてください。

TOPページへ