オモリ

鮎釣り『オモリ』の使い方・つけ方・メリットを入門向けに解説!

 

流れの強い瀬でオトリの泳ぎをサポートする『オモリ』。
ポイントによって使用する方やまったく使用しない方など、鮎師によって使用率は異なります。

なかには、どんなポイントでもオモリをつけたまま釣る方がいるほど、さまざまなシーンで威力を発揮するアイテムです。

ただ、オモリに苦手感を持っている方がおり、とくに初心者には使い方がわからないかもしれません。

そこで今回は、鮎釣り入門者向けにオモリの使い方や付け方、メリットを解説。
おすすめのオモリも紹介するので参考にしてみてください。

鮎釣りでオモリを使うメリットとは

オモリを使うメリットとは作成:鮎釣りHACK編集部

鮎釣りでは必ずしもオモリが必要とは限りませんが、多くのメリットがあります。
とくに、初心者ほど役立つ場面があるため、チェックしておきましょう。

強い流れにオトリを入れやすい

オモリを使用するメリットとして第一に挙げられるのが、強い瀬でオトリがうまく入らないときに役立つことでしょう。

下糸に装着したオモリが支点となり、オモリから上の水中糸にかかる水流抵抗を減らしてオトリの負担を軽減するのが特徴です。

とくに、押しの強い大河川では多くの場面でオモリが活躍します。

オトリが弱りにくい

水流抵抗に合ったオモリを装着すれば、オトリはオモリから下の中ハリスや下糸にかかる抵抗のみを受けることになります。

したがって、無理に引くような操作をしなければ、オトリが弱りにくく元気具合が長持ちするわけです。

とくに、養殖オトリで釣りをはじめる際はオモリをつけておくのがおすすめ。
最初のオトリですぐ掛かってくれればよいのですが、長い時間掛からないとオトリが弱って焦ってしまうでしょう。

そんなとき。オモリをつけておけばオトリは弱りにくく長持ちするので、1匹目が掛かるまで時間がかかりそうな状況でも安心できます。

オトリの位置を確認しやすい

鮎釣りのオモリは、イエローやオレンジのカラーリングを施しているタイプが主流。
とても目立つため、オトリを送り込む際や引き上げるときに位置を確認しやすく便利です。

オモリの重みで、オトリを流れに誘導しやすいのもメリット。
入れたい流れに竿を向ければ、自然とオモリの重みがその方向にかかり、スッとオトリが入ります。

とくに初心者で、うまく流れにオトリを誘導できない場合には、オモリの重みを利用して誘導してみてください。

オモリの使い方

オモリ使い方作成:鮎釣りHACK編集部

オモリはオトリを沈める目的以外にも、あらゆるシーンで活躍します。
基本的な使い方をチェックしておきましょう。

引き釣りで使う

オモリをもっとも多用する場面が、瀬での引き釣りです。
通常の引き釣り同様に竿を寝かして、上流へ引き上げていくただけ。

釣り下りながら、オトリをいったん持ち上げて落とし込み引き上げる、という操作を繰りかえすとよいでしょう。

ただし、流れの強さに対して重すぎるオモリを選択しないことと、ラインの張りを緩めると根掛かりしてしまうため注意が必要です。

いれば掛かる?『瀬釣り』の魅力・釣り方の基本・道具の選び方を解説『瀬釣り』では、「これぞ鮎釣り!」というダイナミックな鮎釣りを楽しめます。瀬釣りの魅力や釣り方の基本、適した鮎釣り具の選び方を解説。これから鮎釣りを始めてみたいという方は参考にしてみてください。...

止め釣りで使う

トロ瀬や深瀬などオトリを止めづらいポイントや、ピンポイントを狙う際にオモリを使用します。

状況によっても異なりますが、竿の角度を45度程度に構えてオモリを吊るすようにキープするのがポイントです。

たまに持ち上げてから下げるような、しゃくり動作を入れるとオトリのイレギュラーな泳ぎを引き出して誘いになります。

もし、オトリが水流抵抗に負けて下流に下ってしまうようなら、竿を寝かしたりオモリを重たくしたりして対応しましょう。

泳がせ釣りで使う

オモリを使用せずとも難なくオトリが入るような流れで、あえてオモリを使用する釣り方です。

緩い流れでオトリが泳ぎすぎてしまうときにスピードをセーブできるほか、野鮎に追われて逃げてしまうのを防止するなど、オトリを拘束しやすくなります。

また、浅いポイントでオモリを水面の上にくるようにセットすれば目印になり、オトリの位置や泳ぎを確認しやすく便利です。

オモリを微妙に動かすように竿先で操作すると、重みのかかる方向と逆方向へスイスイ泳ぎます。

ただし、オモリを装着しての上飛ばし状態では、ラインを緩めすぎとエビになりやすいため気をつけてください。

鮎の釣り方『泳がせ釣り』とは?オバセ・ポイント・道具について解説鮎の釣り方には大きく分けて「泳がせ釣り」と「引き釣り」があります。泳がせ釣りは鮎の友釣りの基本テクニックであり、瀬での引き釣りにも応用できるため、ぜひ釣り方を身につけておきましょう。泳がせ釣りやオバセ、適した鮎釣り具についても解説します。...

オモリのつけ方4つのポイント

オモリのつけ方作成:鮎釣りHACK編集部

オモリは下糸やワンピース仕掛けの中ハリスに装着しますが、つける位置に決まりはありません。

ただ、基本とされるつけ方があるため、チェックしてみてください。

下記で解説する方法でオモリを使用し、慣れてきたら自分なりの考え方を織り交ぜて「自分ルール」を決めておくとよいでしょう。

号数でつける位置をかえる

たとえば、1号のオモリはハナカンから10㎝の位置にセット、0.5号なら5㎝、2号の場合は20㎝離した位置につける方法です。

システマチックに装着できるため、つける位置に悩まないですみます。
オモリに慣れていないなら、まずはこの方法で試してみるとよいでしょう。

オトリの体長に合わせてつける

オトリの体長に合わせる方法で、システマチックに装着する位置を決めておくという意味では号数でつける位置を変えるのと同じです。

オトリの体長分離した位置やちょうど半分の位置など、オトリのサイズに合わせて装着します。

たとえば、全長20㎝のオトリで1号のオモリを装着するときは全長の半分の10㎝離した位置につけ、2号の場合はオトリの全長分の20㎝離してセットするわけです。

これでオトリがうまく流れに入らなければ、さらにつける位置を下にずらしたり、オモリを大きくして対応していきます。

2個以上つける

2個以上のオモリを連結してつける方法です。
たとえば、2号オモリをひとつ装着する代わりに1号オモリを2個セット、3号オモリの代わりに2号+1号にします。

ひとつだけ装着するより支点が分散されて、水流抵抗を軽減できるのが特徴。
状況によっては、3個以上連結してセットする方もいます。

また、支点の分散は根掛かりを減らす効果があり、根掛かりした際に外れやすいとも。
ただし当然ながら、つけたり外したりをまめにおこなう場合には手間になります。

オトリの元気度やポイントで判断する

オモリはオトリから離すほど効果が弱まる一方、近くにつけるほど沈めやすくなります。
オトリが元気なら離して装着したり、オモリを軽くしたりするのが基本です。

逆にオトリが弱い場合には5cm以内の近い位置に装着するほか、無理やりでも沈めたい場合はハナカンのすぐそばにオモリをセットする「鼻オモリ」にする方法もあります。

オモリを使用せずとも入れやすいポイントであえて装着したいときは、20cmほど離した位置に装着してオトリが泳げる範囲を広くしてみるとよいでしょう。

激流ではあまり上に装着すると一見入っているように見えて、オモリの下でオトリがきりもみ状態になっている場合があるため注意が必要です。

オモリの選び方3つのポイント

出典:Amazon

カラーで選ぶ

鮎釣り用として販売されているオモリは、イエローやオレンジのカラーリングを施したタイプです。

もっとも主流がイエローで、視認性に優れています。
色をつけない鉛色のタイプもありますが、渓流釣り用です。

とくにこだわりがなければ、オトリの位置を確認しやすいと思う色を選択すればよいでしょう。
製品によってはブラックもラインナップされており、逆光下で見やすいと謳っています。

形状で選ぶ

鮎釣り用のオモリの形状で基本となるのがラウンドタイプ(丸形)です。
製品によっては細長い形状のスリムタイプも販売されており、水流抵抗を受けにくいと謳っています。

ただ、実際に使用してみるとラウンドタイプのほうが使いやすいという声も多く、気になる場合は一度スリムタイプを試してみるとよいでしょう。

号数で選ぶ

鮎釣り用のオモリは製品によって、0.3~5号までラインナップされています。
釣りのスタイルやポイントを考慮して、よく使用する号数を用意しておけばよいでしょう。

すべての号数を一通り用意しておく人がいる一方、たとえば2号まで用意しておいて、4号が必要な場面では2号を2個つけるなど、複数装着で対応する方法もあるので参考にしてみてください。

また、0.3号や0.5号の「チビ玉」と呼ばれる軽いオモリもあると便利です。

オトリを沈める効果は少ないものの、微妙な負荷がオトリのイレギュラーな動きを引き出して誘いになる場合があるので試してみてください。

鮎釣り用オモリおすすめ3選

オモリのおすすめ出典:Amazon 一部加工

ダイワ(DAIWA) 鮎シンカー4

4代目となる鮎釣り用定番のオモリ。
新ラインロックシステムを採用しており、凹凸ロック機構で糸をしっかり固定できます。

ラバーシート仕様でラインへの傷つきを低減し、大きめの号数表記で識別しやすく便利になりました。

水流の抵抗を受けにくいとする、スリムタイプもラインナップしています。

  • 号数:0.5、0.8、1、1.5、2、2.5、3、4
  • カラー:イエロー、オレンジ
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥593
(2020/09/20 11:49:23時点 Amazon調べ-詳細)

オーナー(OWNER) 鮎玉オモリ

絶妙な硬さと内蔵したゴムシートにより、オモリの外れやズレを防いでいるオモリ。
ラインへのダメージも抑えているほか、フラットなサイド面で滑りにくく持ちやすいのが特徴です。

開閉を繰り返してもはがれにくい、特殊コーティングを施しています。

  • 号数:0.5、0.8、1、1.5、2、2.5、3、4、5
  • カラー:蛍光イエロー、蛍光オレンジ、つや消しブラック
created by Rinker
オーナー(OWNER)
¥440
(2020/09/20 11:49:24時点 Amazon調べ-詳細)

ヤマワ産業(YAMAWA) カラーシンカー

逆光時でも見えやすく、滑りにくいマッドコートを施しているオモリです。

2タイプの形状を用意しており、オールマイティに使いやすい「ラウンドタイプ」と、引き釣りにぴったりと謳う「オーバルタイプ」をラインナップしています。

  • カラー:イエロー
  • ラウンドタイプ号数:0.3、0.5、0.8、1、1.5、2、2.5、3、4、5
  • オーバルタイプ号数:0.5、0.8、1、1.5、2、2.5、3
created by Rinker
ヤマワ産業(Yamawa Sangyo)
¥440
(2020/09/20 11:49:25時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ヤマワ産業(Yamawa Sangyo)
¥440
(2020/09/20 11:49:25時点 Amazon調べ-詳細)

初心者ならオモリを使用しよう

~オモリの使い方まとめ~
  • オモリは強い流れにオトリを入れやすくするほか、弱らせない効果がある
  • つけ方や位置に決まりはないものの、号数やオトリの体長に合わせてセットするなど「自分ルール」を決めておこう
  • オトリを弱らせないためにも、初心者こそオモリを使えるようにしておくべき

オモリはラインにかかる水流抵抗を抑えて、オトリを強い流れに入れやすくなるほか、弱らせない効果があります。

鮎の友釣りでは、オトリの元気具合で釣果が左右される場合が多いため、初心者ほど積極的にオモリを使用するのがおすすめです。

とくに、最初の1匹を掛けるまではオトリを弱らせないよう、オモリを装着して慎重に1日の釣りをスタートしてみましょう。