がまかつ(gamakatsu)

がまかつ「要R」を拡大画像で検証!「全」と比較も

2020年発売の鮎針、がまかつの「要R(かなめアール)をご紹介しましょう。

バレにくい「しわり」タイプの鮎針として人気の「要」シリーズの新モデルで、独自の「ナノスムースコート」によってスムーズな刺さりこみを実現しています。

今回は、拡大画像を使ってチェックしました。
オールラウンドな針として人気の「」とも比較しているので、針選びの際の参考にしてください。

がまかつ鮎針「要R」

要Rの拡大画像撮影:鮎釣りHACK編集部

掛けた鮎をバラさずに取り込めるとして評価の高い、がまかつの鮎針「」。

「要」シリーズとしては「大鮎要」や、チラシ・ヤナギ用の「要パワーチラシ」をラインナップしています。

要R」は、スムーズな刺さりこみを実現する「ナノスムースコート」と、針が倒れにくい「タイトウェッジ」を採用した、2020年新たに加わったNEWモデルです。

しわり形状によってケラレやバレを最小限に抑え、確実に1匹を取りたいときに活躍します。

広いふところでしっかりと食い込むため、初期の皮が柔らかい鮎から終盤の皮が硬くなった鮎まで対応できる、オールラウンドな鮎針です。

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥1,320
(2021/07/28 22:04:25時点 Amazon調べ-詳細)

太軸タイプで重い

要Rの重さを測っている画像撮影:鮎釣りHACK編集部

要Rは6.5号で0.41mmの太軸タイプで、掛かった鮎をしっかりとキープします。
重さもあり、押しの強い瀬でワンランク小さい針を使いたいときの選択肢として有効です。

また、流れが強い場所でケラレが多発する状況にも適しています。
6.5号の重さは1本約0.017gで、ダイワのキープ7.0号と同じクラスの重さです。

ちなみに、編集部のはかりでは100分1gまでしか測れないため、10本で測っています。

要Rは太軸タイプで押しの強い流れでオススメ

がっちりキープする「しわり」タイプ

要Rの針先拡大画像撮影:鮎釣りHACK編集部

要Rは針先が内向きの「しわり」タイプです。

上記の拡大画像のように、真っ直ぐ伸びている針が針先部分になると、内側に向けて角度がついています。

掛かりの速さを重視するストレートタイプと異なり、バラさずに取り込むことを重視しているタイプです。

皮をすくうように針掛かりするため、皮の硬い終期の鮎にも適しています。
針が外れにくいほか、鮎にダメージを与えにくいのもメリットです。

ただ、皮の柔らかい鮎では身切れする場合もあるため、バレが多発したらストレートタイプに交換してみるとよいでしょう。

要Rはキープ力に優れた「しわり」タイプ

ナノスムースコートで摩擦ゼロ感覚

摩擦係数が劇的に少ない物質であり、フッ素樹脂コートのひとつPTFE複合表面処理加工「ナノスムースコート」を施しているのが特徴です。

摩擦抵抗の少なさと強い撥水性能を発揮し、摩擦ゼロ感覚の抜群な刺さりのよさを実現しています。

フッ素樹脂コート「ナノスムースコート」で抜群な刺さりを実現

タイトウェッジでキレイに作れる

ナノスムースコートを採用した鮎針は、滑りのよさが特徴の一方、接着剤が効きにくい弱点がありました。

そこで、イカリを強くきれいに巻くべく開発された特殊軸加工が「タイトウェッジ」です。

小ピッチと大ピッチのギザギザ加工が施されており、イカリを巻いたときに針が倒れにくいほか、ハリスが抜けにくくなっています。

特殊軸加工「タイトウェッジ」でイカリをきれいに巻きやすい

「全(ZEN)」と比較してみた

要Rと全の比較画像撮影:鮎釣りHACK編集部

がまかつのオールラウンドモデルとして人気の「」と比較してみたのが上の画像。

ふところは全より要Rのほうが若干広くなっており、しわりタイプながら掛かりの速さも考慮されている印象です。

針先の角度は、やや要Rのほうがやや広くなっています。
針先の延長線上が軸と離れているほど針角度の大きな針で、上の画像では青の点線の部分です。

角度が小さいほど皮をすくう確率が高くなるため、全で身切れが多発した場合は要Rに交換してみるとよいでしょう。

逆に、角度が大きいと魚体への立ち込み力が小さくなるため、皮が硬い鮎でケラレが多発する状況では全に交換してみるなど、複数の針を使い分けるのがオススメです。

「全で身切れが多発したら要R」に、「要Rでケラれたら全」に交換するなど、使い分けるのがオススメ

「要R」ラインナップ

出典:Amazon

では、各号数ごとにバラ針やワンデーパックをご紹介していきましょう。

2021年に、視認性に優れたハリス「追星イエローハリス」採用のワンデーパックが追加されています。

6.5号

  • 線径:0.41mm
  • 適合鮎サイズ:チャラ・トロ~23cm、瀬~21cm
  • 推奨ハリス:0.8~1.2号
created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥1,265
(2021/07/28 22:04:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,108
(2021/07/28 22:04:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,108
(2021/07/28 22:04:27時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥1,479
(2021/07/28 22:04:28時点 Amazon調べ-詳細)

7.0号

  • 線径:0.435mm
  • 適合鮎サイズ:チャラ・トロ~24cm、瀬~22cm
  • 推奨ハリス:1.0~1.5号
created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥1,320
(2021/07/28 22:04:25時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,108
(2021/07/28 22:04:28時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,108
(2021/07/28 22:04:29時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥1,602
(2021/07/28 22:04:30時点 Amazon調べ-詳細)

7.5号

  • 線径:0.46mm
  • 適合鮎サイズ:チャラ・トロ~25cm、瀬~23cm
  • 推奨ハリス:1.2~1.5号
created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥1,320
(2021/07/28 22:04:31時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,108
(2021/07/28 22:04:31時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,108
(2021/07/28 22:04:32時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥1,602
(2021/07/28 22:04:30時点 Amazon調べ-詳細)

8.0号

  • 線径:0.485mm
  • 適合鮎サイズ:チャラ・トロ~26cm、瀬~24cm
  • 推奨ハリス:1.5~2.0号
created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥1,265
(2021/07/28 22:04:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,108
(2021/07/28 22:04:34時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,108
(2021/07/28 22:04:37時点 Amazon調べ-詳細)

8.5号

  • 線径:0.51mm
  • 適合鮎サイズ:チャラ・トロ~27cm、瀬~25cm
  • 推奨ハリス:1.5~2.0号
created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥1,265
(2021/07/28 22:04:37時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,200
(2021/07/28 22:04:38時点 Amazon調べ-詳細)

持っておきたい太軸タイプ

要R出典:Amazon

太軸設計でふところの広さが特徴のがまかつ「要R」。
身切れやケラレが多発するときや、強い流れを攻めたいときに活躍する鮎針です。

針ケースの忍ばせておけば、1匹を確実に獲りたいときに重宝しそうですね。
ぜひ、お試しください!