天上糸

「天上糸」にもこだわろう!シーン別選び方4つのポイント

鮎釣りの仕掛けに欠かせないパーツのひとつが「天上糸」です。

穂先と水中糸に接続して、竿先への糸がらみ防止や水中糸をさばきやすくする役割を果たします。

直接水中には入らないため、なかには「天上糸なんて何でもいいよ」という方もいますが、素材によって使い勝手や特性が異なり、釣果に影響を与える場合もあり注意が必要です。

今回は、以下の内容を解説します。

この記事を読むとわかること

天上糸って何?

天上糸の素材の種

天上糸のシーンに合わせた選び方

天上糸のオススメ製品

気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

天上糸とは

天上糸の位置のイラスト作成:鮎釣りHACK編集部

天上糸とは上部を竿先につなぎ、下部を水中糸と接続するパーツです。

水中糸より太い号数を使って竿先へのからみを防止するほか、糸さばきを向上させる目的で使用します。

水中には直接入らないため長持ちし、素材や号数を気にしない方もいますが、水中の状況を穂先に伝える重要なパーツです。

素材によって感度や伸びも異なるため、釣果アップしたいのであれば、こだわりを持って自分のスタイルやポイントに合わせて選択しましょう。

天上糸は、竿先へのからみを防止や、糸さばきを向上させる目的で使用する鮎釣り仕掛けのパーツ

遊動調節式が主流

天上糸折り返し部のイラスト作成:鮎釣りHACK編集部

天上糸は、編み込んで折り返し部分を作り、長さを調整できるように工夫した「遊動調節式」が主流です。

仕掛けや竿が変わっても長さを調節できるため、天上糸はそのままに仕掛けだけを交換できます。

遊動調節式にしない場合は長さを微調節できないため、水中糸を含めた全長をきっちりと測って仕掛けを作らならず不便です。

また、現在では特殊な部類ですが、ナイロンラインやフロロカーボンラインを使って、穂先からハナカン回りまで結び目なしで作る「通し仕掛け」を使用する方もいます。

 天上糸は、簡単に長さを調節できる遊動調節式が主流

天上糸の種類

天上糸の種類出典:Amazon 一部加工

天上糸の素材は、一昔前までナイロンラインやフロロカーボンが主流でしたが、近年はエステルやハイテク素材などが登場して選択肢が増えています。

天上糸の素材

ナイロン

フロロカーボンライン

エステル

PE

ハイテク素材

それぞれ特性が異なり、水中糸の種類や釣りスタイル、天候などによって向き不向きがあるのでチェックしておきましょう。

フロロカーボンの天上糸

天井糸出典:Amazon

天上糸にもっとも採用されているスタンダードなタイプが、フロロカーボンの天上糸です。

紫外線に強く感度に優れているほか、伸縮性も少ないなどバランスに優れています。
比較的低価格で、買い求めやすいのも魅力です。

フロロカーボンは、天上糸ではもっともスタンダードは素材 

ナイロンの天上糸

天井糸出典:Amazon

ナイロンも天上糸でオーソドックスな素材ですが、フロロカーボンと比較すると伸びる素材です。

水中糸にメタルラインなど伸びないラインを使用する場合に、クッション的な役割を果たします。

吸水しやすく紫外線に弱いなどデメリットが気になるものの、フロロカーボン同様の低価格が魅力です。

ただし、基本的に天上糸は水中に入れないため、そこまで神経質になる必要はありません。
伸びる特性にメリットを感じる場合は、選択肢のひとつとしてオススメです。

ナイロンは伸びる素材で、水中糸に伸びない素材を使用する際のクッションとしての役割がある 

エステルの天上糸

天井糸出典:Amazon

エステルは一見フロロカーボンと同じような素材ですが、張りがあってパリッとしているのが特徴です。

スプールからパラパラと出ていくほどの硬さがあり、伸びが少なく感度に優れています。

雨天時にフロロカーボンやPEの天上糸を使用すると、竿にまとわりついて釣りにくくなりますが、エステルならベタつかず快適です。

また、エステルならではの硬さと感度は、PEやハイテクラインを天上糸に採用する際のリーダーとしても役立ちます。

自作する際は、巻きグセを取るために少し伸ばしてから使うのがオススメです。

エステルは硬くパリッとしたラインで、雨天時にベタつきにくくオススメ

PEの天上糸

天井糸出典:Amazon

PEラインは水より軽い比重により、ふわっとしているのが特徴です。
伸びのない素材で感度に優れています。

強度にも優れているため、同じ号数ならフロロカーボンやナイロンよりはるかに細くできるのもメリットです。

ただし、特有の軽さにより、強風時に吹き上がってしまう懸念があります。
また、フロロカーボンラインやナイロンラインと比べて高価格なのもデメリットです。

PEラインは伸びがなく感度に優れているほか、高強度で細い号数を選択できるのがメリット

ハイテクラインの天上糸

天井糸出典:Amazon

特殊な組み糸を採用しているのが、ハイテク素材の天上糸です。
PEラインと似た特性を持っており、伸びがなく感度に優れています。

強度も高く、フロロカーボンの天上糸で0.6号程度を使用しているのであれば、0.3号でもまったく問題ありません。

PEラインと比較すると張りがあるため、強風下で扱いやすいのもメリットです。

ただし、雨の中では竿にまとわりつきやすく、穂先にエステルかフロロカーボンのリーダーを20cm程度結んで竿への絡みを防止するのがオススメです。

ハイテクラインは低伸度・高感度・高強度で、PEラインより張りがあって強風下で使いやすい 

天上糸のシーン別選び方

天井糸出典:Amazon 一部加工

風の強いとき

鮎釣りでは9mほどの長い竿を使用するため、強風下では釣りにくくなります。

なるべく風の影響を考慮したいのであれば、ハイテク素材の天上糸がオススメです。

高強度でフロロカーボンやナイロンより号数を細くできるため、風の抵抗を軽減できます。

また、PEラインより張りがあり、風で吹き上がってしまう心配が少ないのもポイントです。

強風対策なら、ハイテク素材の天上糸がオススメ

雨天時

雨天時にはラインが竿にからみやすく、とくにPEラインはべたついて釣りにくくなります。

雨天時にオススメなのが、エステルの天上糸です。

パリッと張りのあるラインで、べたつきが少なく雨天時でも竿へのからみを軽減できます。

雨天時は、パリッとした張りのあるエステルの天上糸がオススメ

硬い水中糸でケラレやバレが多発するとき

PEラインやハイテクラインなど伸びのない素材を天上糸に使用する場合、ケラレやバレが発生する場合があります。

たとえば、下記のようなケースです。

  • 弱いアタリをハリが弾かれてしまう
  • 大鮎の強いアタリのショックを吸収できず、ラインブレイクしてしまう
  • 初期で鮎の皮が柔らかく、身切れしてしまう

上記のような状況が気になる場合には、伸びのあるナイロンライン、またはフロロカーボンラインを試してみるのも方法のひとつです。

ただ、ケラレやバレは針や水中糸の種類、竿の硬さなどの要因もあり、伸びのある天上糸を採用したところで解消されるとは限りません。

ようは全体のバランスであり、ケラレやバレが多発するなら仕掛けのバランスを見直してみるとよいでしょう。

また、ソリッド穂先を使用するのもオススメです。

私は天上糸ハイテクライン、水中糸メタルライン、つけ糸フロロカーボンの全体的に伸びない仕掛けを好んで使っています。

しかしながら、ソリッド穂先による柔軟性の効果なのか、ケラレが気になったことはあまりありません。ご参考までに。

ケラレやバレが気になる場合には、ナイロンを試してみるのも方法のひとつ

小河川

小河川で木が覆いかぶさっているようなポイントが多い状況では、天上糸が絡んでしまうトラブルに見舞われることがあります。

木に絡んでしまうと、PEのような細くやわらかいラインでは、まず外せません。

トラブル防止を優先するならば、1号以上の太い号数のフロロカーボンラインやエステルがオススメです。

木に絡みやすい状況でPEやハイテク素材の天上糸を使用したいのであれば、太い号数のフロロカーボンやエステルをリーダーとして接続しましょう。

太いリーダー部分だけが木に絡まったのなら、外れる可能性があります。

また、PEやハイテク素材の天上糸のリーダーには1号前後を選択するのが一般的ですが、絡み防止で2号以上の太いリーダーを接続している方もいるので参考にしてみてください。

小河川で木が気になる場合には、太い号数のフロロカーボンラインやエステルがオススメ

天上糸のライン種類別オススメ

天井糸出典:Amazon 一部加工

天上糸を用意する際は、編み込んで遊動式仕掛けを自作するか、完成された「天上糸仕掛け」を購入するかのいずれかになります。

初心者の場合は、そのまますぐ使える「天上糸仕掛け」がおすすめです。

水中糸と異なり切れることはめったにありませんが、木に引っ掛ける可能性もあるため、予備を含めて2~3セット用意しておけば十分でしょう。

では、ラインの種類別に、自作派向けの「スプールタイプ」と完成品の「天上糸仕掛け」を紹介していきます。

 天上糸には自作する方用の「スプールタイプ」と、そのまますぐに使える「天上糸仕掛け」の2種類がある

初心者なら、手軽に使える「天上糸仕掛け」がオススメ!

ナイロンの「天上糸仕掛け」

がまかつ(Gamakatsu) 鮎自在式天上糸仕掛 II(ナイロン) AJ-113

伸びのなさが気になる方にオススメ

  • 伸びのある、しなやかなナイロンを使用した天上糸仕掛け
  • 全長を3.25~6mの範囲で調節可能
  • 号数は0.6・0.8・1.0号の3種類展開

ナイロンの天上糸「スプールタイプ」

バリバス(VARIVAS) エクセラ鮎 天上糸 ナイロン

吸水や紫外線の影響を軽減できるナイロン天上糸

  • 発色性と視認性に優れた、オレンジカラーを採用
  • スーパーフッ素加工により、撥水性に優れている
  • ノンストレスコーティングで吸水や紫外線による劣化を防止

フジノライン(Fujino) 鮎天上糸 GLナイロン

糸グセが気になる方にオススメのナイロン天上糸

  • 扱いやすく見やすい蛍光グリーンを採用
  • しなやかで糸グセがつきにくく、扱いやすい
  • 糸の表面にミクロに浸み込むシリコン樹脂加工を施しており、初期性能が長持ち

サンライン(SUNLINE) ナイロンライン 天糸

逆光下でも見やすいナイロン天上糸

  • 逆光や偏光グラス越しでも見えやすく、天糸の位置・角度を確認しやすい
  • 扱いやすさく、チュラルな泳がせ釣りに最適
  • 高強力で水切れがよく、穂先への糸がらみも軽減
  • UV-R 製法により、紫外線による強度劣化を防止

フロロカーボンラインの「天上糸仕掛け」

ダイワ(DAIWA) 快適フロロ天上糸仕掛けHR

糸ヨレを防げる「カラマンフックSV」を採用したフロロカーボン天上糸仕掛け

  • 吸水や劣化が少ないフロロカーボンラインを採用
  • 長さを4~7mの間で調整でき、さまざまな長さの鮎竿に対応
  • 糸ヨレを防ぐカラマンフックSVを搭載

オーナー(OWNER) SR-16W 天糸移動W回転 フロロ天糸仕様

すぐに使いたい初心者にオススメの天上糸

  • 低伸度で高感度のフロロカーボンを採用
  • 全長を4.0~5.1mの範囲で調節可能

がまかつ(Gamakatsu) 自在式天井糸仕掛II(フロロカーボン) AJ114

竿先側を太めに設定して糸がらみを軽減

  • 竿先に接続する部分を太めに設定し、竿先への糸カラミが気になる方にオススメ
  • 調節部を上部に設けて、風の影響を軽減
  • 全長を3.25〜6mの範囲で調節可能

シマノ(SHIMANO) 天上糸仕掛フロロ PJ-AH4S

オールラウンドに使いやすいフロロカーボンラインの天上糸

  • 感度に優れたフロロカーボンラインを採用
  • 全長を3.5~7mの範囲で調整可能
  • 号数は0.6~1.2号まで4種類をラインナップ

フロロカーボンラインの天上糸「スプールタイプ」

サンライン(SUNLINE) フロロカーボンライン 天糸フロロ 30m マットフラッシュオレンジ

自作派にオススメのフロロカーボン天上糸

  • 高感度で吸水しない、フロロカーボンを採用
  • 特殊樹脂加工で糸さばきに優れ、穂先への糸からみを防止

バリバス(VARIVAS) エクセラ鮎 天上糸 フロロ

特殊加工で竿へのまとわりを解消するフロロカーボン天上糸

  • 高感度・高強度なフロロカーボン天上糸
  • しなやかさ・張り・硬さをコントロールする「ND-S加工」により、竿へのまとわりつきを解消
  • 視認性に優れた蛍光色イエローカラーを採用

ダイワ(DAIWA) フロロライン タフロン鮎 天上糸

低伸度で感度に優れたフロロカーボン天上糸

  • シャキッとした質感で、穂先への絡みが軽減
  • ほとんど吸水せず、不快な竿へのベタつきが少ない
  • 低伸度で感度に優れている
  • 視認性に優れたフラッシュイエローカラーを採用

エステルの天上糸「スプールタイプ」

バリバス(VARIVAS) エステルライン バリバス エクセラ鮎 天上糸 30m

適度な張りでさばきやすいエステル天上糸

  • 適度な張りと低吸水性で、さばきやすいエステルを採用
  • PE並みの高感度で釣りをサポート

タックルインジャパン(TACKLE in JAPAN) エステル鮎 天上糸

タックルインジャパン(TACKLE in JAPAN)
¥792
(2021/10/24 22:25:16時点 Amazon調べ-詳細)

雨の日でも竿に糸がまとわりにくエステル天上糸

  • 高感度で情報量がアップし、釣り人のテクニックをサポート
  • 伸びがなく高感度
  • PEラインのような、竿先へのまとわりつきがない

PEラインの「天上糸仕掛け」

ダイワ(DAIWA) PE天上糸仕掛け HR-MV

伸びのないPEラインで感度を重視したい方にオススメの天上糸仕掛け

  • 伸びがなく感度に優れたPEラインを採用
  • 全長を3.5~6mの範囲で調整可能
  • 軽量コンパクトな「カラマンフックMV」を使用で、糸からみを防止

バリバス(VARIVAS) 781 エクセラ鮎 天上糸仕掛 HBPE 0.6号

PE原糸と高比重ポリエステルを撚り合わせた「ハイブリッドPE」

  • 高比重ポリエステルの効果により、通常のPEラインより風の影響を受けにく
  • 竿からみが少なく扱いやすい
  • 等間隔のマーキングにより、調節しやすい
  • 全長を2.75~5.5mの範囲で簡単に調整可能

オーナー(OWNER) RC-17PE PE天糸移動仕掛

オーナー(OWNER)
¥647
(2021/10/24 22:25:17時点 Amazon調べ-詳細)

4本組で移動させてもよれないPE天上糸

  • 極細で高感度・高強度のZaito天上道糸PEを採用
  • 4本組だから編込みを移動させてもヨレない
  • 50cmのフロロカーボン接続糸付で竿からみを防止

バリバス(VARIVAS) 782 エクセラ鮎 天上糸仕掛 HBPE

ハイブリッドタイプのPEを採用した天上糸仕掛け

  • 幅広ビーズ付きリリアンを採用し、ラインへの負荷を軽減
  • ハイブリッドタイプPE採用で高比重を実現し、風の影響を受けにくく竿がらみを防止
  • 穂先への脱着が簡単な編み込み式ループを採用
  • ビビットマーキングにより、長さ調節が簡単
  • 全長を2.75mから最大5.5mの範囲で調節可能

PEラインの天上糸「スプールタイプ」

ダイワ(DAIWA) PEライン 天上糸 20m ピンク

特殊コーティングで水切り性に優れたPE天上糸

  • 低伸度で強度に優れたPEを採用
  • 特殊コーティングによる、抜群な水切りのよさを実現

オーナー(OWNER) PEライン ザイト 天上道糸PE 20m

蛍光イエローカラー採用で抜群な視認性

  • 高感度・高強度のPEを採用。
  • 視認性に優れた蛍光イエロー採用で、見えやすさを重視したい方にオススメ

ハイテク素材の天上糸「スプールタイプ」

フジノライン(Fujino) ハイテク天上糸NEOマーキング 12m

驚異的な感度で釣り人のテクニックをサポートする天上糸

  • 驚異的な感度と強度が魅力のハイテク素材を採用
  • 組糸構造により、穂先がらみやべたつきを軽減
  • マーキング付きで、仕掛けづくりや長さ調節に便利

フジノ(Fujino) AQハイテク天上糸NEO 12m A-110

倒的な感度・強度が魅力の天上糸

  • ハイテク素材「ゼクシオン」の組糸にAQコーティングを施し、圧倒的な強度・感度を実現
  • 細号数でオトリの負担を軽減したい方にオススメ

ハイテク素材の「天上糸仕掛け」

フジノライン(Fujino) ハイテク天上糸NEO遊動仕掛 A-93 スカイブルー

すぐに使えるハイテク素材天上糸で、初心者にオススメ

  • 伸びがなく感度抜群なハイテク素材を採用
  • 全長を3.5~4.5mの範囲で調節可能

素材の特性を理解して天上糸を選択しよう!

さまざまな素材が採用されている天上糸。

素材によって感度や伸び、風の影響の受けやすさなどが異なるため、シーンやスタイルに合わせて選択するのが重要です。

必要以上に太い号数はオトリにも負担がかかるでしょうし、とくに立て竿が中心の場合はPEやハイテク素材の天上糸を試してみてはいかがでしょうか?

タックルの全体的なバランスも考慮して、自分に合った天上糸を見つけてみてくださいね。

Amazonで「天上糸」を探す

楽天で「天上糸」を探す

Yahoo!ショッピングで「天上糸」を探す