鮎竿

ダイワ「NEWアバンサー」どこが変わった?旧モデルと徹底比較!

サブロッドとして、また初心者向けの低価格モデルとして人気のダイワ「アバンサー」

2020年、若干の仕様とアイテム数を変更して登場しました。

従来からショートロッドも幅広くラインナップされており、短竿の選択肢としても人気の定番モデルです。

旧モデルとどんな点が異なるのでしょうか?
詳しく検証していきましょう。

ダイワ「NEWアバンサー」旧モデルとの違い

出典:Amazon

サブロッドや初心者向けとして、不動の人気を誇るダイワ『アバンサー』。
2020年に登場した新モデルは、若干の仕様変更と価格変更、アイテム数が変わっています。

元竿口金処理になった

NEWアバンサーは元竿に口金が装備され、口欠けのトラブルが軽減されています。
また、中節玉口には交織カーボンクロスを上巻きしており、竿をトラブルから守れる構造になりました。

パワータイプカーボンチューブラー穂先が付属

メガトップオートマ標準穂先を廃止し、パワータイプカーボンチューブラー穂先が標準穂先となりました。

通常のカーボンチューブラー穂先より10cm短くなっており、瀬釣りや大型に対応しやすくなっています。

早瀬抜9.0mは歴代最軽量

モデルによってバラつきはありますが、早瀬抜9.0mのノンマルチタイプは歴代最軽量モデルとなっています。

NEWアバンサー早瀬抜90・R 260g
旧アバンサー早瀬抜90・J 263g
NEWアバンサー早瀬抜85・R 241g
旧アバンサー早瀬抜85・J 245g

ロッドテクノロジーは引き続き採用

出典:楽天市場

ダイワのロッドテクノロジー「SVFナノプラス」「X45」「V-JOINT」は引き続き採用されています。

そのほか、「セーフティフックタイプメタカラマン」「新触感グリップ」「固着防止リング」なども従来モデル通りです。

アイテム数が減少

アイテム数が従来モデル18に対して、NEWアバンサーは11と大幅に減っています。
マルチモデルでは早瀬抜70と95、急瀬75と95がなくなりました。

また、ノンマルチモデルでは急瀬が90のみとなり、荒瀬抜・大鮎もなくなっています。

ただ、早瀬抜のノンマルチモデルは70が追加されて、4アイテムとなりました。

ダイワ(DAIWA)
¥50,160
(2021/10/24 11:16:58時点 Amazon調べ-詳細)

価格がアップ

モデルによって異なりますが、全体的に1,000~3,000円値上げになっています。

NEWアバンサー全ラインナップ

オールラウンドに使える先調子モデル「早瀬抜」と、オモリを使った瀬釣りや25cmオーバーの良型を狙うのに最適なパワータイプ胴調子モデル「急瀬抜」がラインナップされています。

また、50㎝長さを変えられる「マルチモデル」も全長の異なる6アイテムから選択可能です。

マルチモデル

ダイワ(DAIWA)
¥49,936
(2021/10/24 15:34:25時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワ(DAIWA)
¥60,546
(2021/10/24 11:17:00時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワ(DAIWA)
¥60,630
(2021/10/24 11:17:01時点 Amazon調べ-詳細)

ノンマルチモデル

ダイワ(DAIWA)
¥50,160
(2021/10/24 11:17:02時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワ(DAIWA)
¥65,408
(2021/09/23 13:11:13時点 Amazon調べ-詳細)

軽さとパワーを向上させた定番モデル

出典:楽天市場

元竿に口金処理され、パワータイプカーボンチューブラー穂先が標準替穂先となった「NEWアバンサー」。

さらに軽くなり、パワーもアップしています。
若干値上げされたものの、4~5万円前後で購入できる価格はやはり魅力ですね。

ショートロッドを購入したい方やサブロッドを用意したい方、初心者の最初の1本としてもオススメですよ。