鮎竿

Tを超える先鋭調子『銀影競技スペシャル R』が誕生!

 

ダイワの2020年新製品の目玉のひとつが鮎竿『銀影競技スペシャル R』でしょう。

進化系調子に新たに加わった「R」を採用したモデルで、有岡氏と瀬田氏が初タッグを組んで実現した「勝つためのレーシングロッド」です。

詳しくみていきましょう

ダイワ鮎竿『銀影競技スペシャル R』

出典:DAIWA

2020年、ダイワの鮎竿ラインナップに新たに加わったのが『銀影競技スペシャル R』。
ダイワのテスターである有岡氏と瀬田氏が監修しています。

ダイワの鮎竿には基本調子として「T」「TYPE S」「A」「MH」がありますが、今回新たに誕生した進化系調子が「R」。

しなやかな穂先と、張りのある穂持ちから元竿にかけてのパワーが特徴の調子です。
2016年から始まったテストは、完成までに4シーズンもの歳月を要しています。

スピードとピンポイント攻略に優れた「T」と、オトリが横にふれて誘いをかけやすい「TYPE S」の設計思想を融合した新ロッドです。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥374,472
(2020/10/01 14:40:28時点 Amazon調べ-詳細)

新調子「R」を採用

繊細でしなやか穂先と、穂持ちから元竿にかけて急激にパワーと張りを持たせた調子です。

ダイワの鮎竿でもっとも先調子の「SF」と同クラスの調子であり、限られた時間で数を釣る必要があるトーナメントを意識して開発されています。

「T」より先鋭な先調子にくわえ、「TYPE S」同様の節長設計を採用しており、ピンポイントにオトリを送り込んで瞬時に誘いをかける動きを生み出すことが可能です。

早瀬クラスながら重さ195gを実現

『銀影競技スペシャル R』は20cmオーバも瞬時に引き抜ける早瀬抜クラスのパワーを備えています。

超高密度カーボン「スペシャルZ-SVFナノプラス」のパワーと反発力と、ロッド本体のパワーとタメ性能を発揮させる「V-JOINTα」を融合。

重さ195gと、ダイワの早瀬クラスロッドでは歴代最軽量を実現しています。
軽量モデルながら、盛期の25cmクラスも引き抜けるパワーを備えた鮎竿です。

3種類の穂先が付属

鮎のサイズは状況に応じて選択できる、3種類の穂先が付属しています。

「カーボンチューブラー標準穂先」は止め操作や落とし込む釣りに最適。
「メガトップセンサーオートマ替穂先」はゼロテンションや泳がせ釣りに適しているほか、フラットな河川での引き釣りにも威力を発揮します。

もっともパワーがあるのが「パワータイプSMTチューブラー替穂先」。
引き釣りに適応するようセッティングされており、盛期からの良型狙いやオモリ、背バリを使った釣りでも活躍します。

全長(m) 継数(本) 自重(g) 先径/替穂(mm) 適合水中糸
(ナイロン・号)/(メタル・号)
オモリ負荷/替穂 本体価格(円)
9.0 8 195 1.4/1.1/0.7 0.1~0.6/0.02~0.2 0~3/0~4/0~2 390,000

 

トーナメンターに捧げる超攻撃的鮎竿!

超先調子で的確にポイントで誘いを掛けられる鮎竿『銀影競技スペシャル R』。
トップトーナメンターである有岡氏と瀬田氏がテストを繰り返して誕生した、超攻撃的鮎竿です。

トーナメントで勝ち上がることを目標にしているなら、選択肢にひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥374,472
(2020/10/01 14:40:28時点 Amazon調べ-詳細)

もっと鮎竿をチェックしたい方はコチラから