車中泊

釣りでの車中泊を快適に!「ポータブル電源」おすすめランキングTOP3

充電して蓄えた電気を電化製品に供給できる「ポータブル電源」。
夏の車内で扇風機を使用したり、ミニ冷蔵庫を使ったりとワンランク上の快適な車中泊を実現します。

とくに連泊の釣りで活躍するほか、万一の災害時に電源を確保できない状況で役立つなど、1台あると便利なアイテムです。

ただし、調べてみると多種多様なモデルが販売されており、はじめて購入する際はどれを選んだらよいのか迷ってしまうことも少なくありません。

そこで今回は、車中泊でおすすめのポータブル電源を厳選してランキング形式でご紹介。
あわせて選び方を解説しますので、参考にしてみてください。

ポータブル電源とは

ポータブル電源とは、内蔵したバッテリーを充電して電気を蓄えるアイテムです。
搭載したコンセントやUSBポートから電化製品に電気を供給したり、スマホの充電などに利用できます。

スマホだけの充電ならモバイルバッテリーで事足りるものの、電化製品に使用するには容量不足で使用できず不便です。

そんなとき活躍するのがポータブル電源。
モバイルバッテリーより大容量で、消費電力に応じて多くの電化製品と接続可能です。

釣りにおいては、車内で扇風機を使ったり、ミニ冷蔵庫を使ったりなど快適な車中泊を実現します。

また、災害時に長時間停電したときにも活躍するなど、1台備えておけばさまざまな場面で役立つアウトドアアイテムです。

ポータブル電源の選び方

バッテリー容量で選ぶ

ポータブル電源のバッテリー容量は「Wh(ワットアワー)」で表示されています。
数値の大きいモデルほどさまざまな電化製品に対応でき、車中泊で扇風機を使用したい場合なら400Wh以上あると安心です。

500Wh以上あれば、消費電力によってはミニ冷蔵庫も利用できます。
モデルによっては使用可能な電化製品のW数を表示している場合もあるため、チェックしてみてください。

もうひとつ、重要なチェックポイントがあります。

ポータブル電源は充電後に放置しておくと、自然に放電して充電が30%ほど目減りするため、放電分を考慮して大きめの容量を選ぶのがおすすめです。

出力端子で選ぶ

ポータブル電源は、モデルによって出力端子の種類や数が異なります。
購入する際は、使用する機器や数を考慮して自分に合ったモデルを選ぶのが重要です。

通常、以下の端子を備えています。

ポータブル電源の出力端子
  • ACコンセント
  • USBポート
  • シガーソケット

USBポートにも種類があり、一般的なUSB Type-A端子にくわえてUSB Type-C端子を備えていると便利です。

転送スピードが速いほか、両側ともC端子のUSBケーブルしか持ち合わせていない場合に重宝します。

別売りのソーラーパネルを接続して、太陽光で充電できるモデルにも注目。
天気のよい日なら釣りの最中に充電しておけるため、とくに連泊での車中泊で充電が足りなくなったときに役立ちます。

なかには、ケーブル不要でスマホを乗せるだけで充電できる、便利なワイヤレス充電対応モデルも販売されているのでチェックしてみてください。

充電方式で選ぶ

ポータブル電源の充電方法には、下記の3つがあります。

ポータブル電源の充電方式
  • ACコンセントで充電する
  • シガーソケットで充電する
  • ソーラーパネルで充電する

1泊の車中泊なら自宅で充電しておけば十分な場合でも、連泊では充電がなくなってしまう恐れがあります。
そんな状況では、シガーソケットで充電できるモデルなら便利です。

ただし、エンジンをかけながら充電する必要があるため、ソーラーパネルにも対応していればさまざまなシーンに対応しやすくなります。

機能の豊富さで選ぶ

ポータブル電源は、モデルによってさまざまな機能を搭載しています。
自分にとって、使い勝手のよい機能を搭載しているかをチェックしてみてください。

防水機能を搭載していれば、車外に出しておいても安心。
LEDライトを搭載したモデルなら、夜の車内ライトとして活躍します。

機器を接続して、充電しながら本体に給電もできる「パススルー充電」にも注目です。
移動中にシガーソケットで給電しながら、スマホに充電できます。

電力を感知して自動的に給電モードに切り替わる「オートチャージ」機能も便利です。

安全性で選ぶ

ポータブル電源は小型とはいえ、電気を蓄えるアイテムであり、車内で安心して使えるか安全性をチェックしておきましょう。

まずは「電気用品安全法」の認証マーク「PSEマーク」を取得しているかを確認。
極端に低価格なモデルの場合、取得していない場合もあるため注意してください。

保護機能を搭載しているかも要チェックです。
過給電・過電圧・低電圧・過負荷など、なるべく多くの保護機能を搭載したモデルなら、安心して使えます。

さらに、保証期間やバッテリー交換対応など、サポート体制が充実していれば、長期間にわたって安心して愛用できるのでチェックしておきましょう。

ポータブル電源おすすめランキングTOP3

ランキング1位 PowerArQ2 ポータブル電源 500Wh Smart Tap

第1位のポータブル電源は、Amazonや楽天市場でのランキングでも1位を獲得している「PowerArQ2」です。

500Whものハイパワーを誇り、車内で扇風機やミニ冷蔵庫を使いたい方におすすめ。パススルー充電やオートチャージ、スマホのワイヤレス充電に対応しているなど高機能ながら買い求めやすい価格を実現した、コスパのよさも魅力です。

ポート数も多く、シガーソケット充電やソーラーチャージャーにも対応し、総合力を求めている方に適しています。

オススメ度
バッテリー容量500Wh
出力ポート数
  • AC:2口
  • DC/シガーソケット:1口
  • DC/5.5mm:2口
  • USB Type-A:4口
  • USB Type-C:1口
  • ワイヤレスチャージ:1口
サイズ・重量
  • 本体サイズ:26×19.1×19.5cm
  • 重量:6.2kg
充電方法ACコンセント、シガーソケット、ソーラーパネル(別売り)

公式ページで見る

ランキング2位 Jackery ポータブル電源 400

第2位は「Jackery ポータブル電源 400」です。容量400Whと「PowerArQ2」と比較して出力はやや弱め。AC・DC・USBポートを備えています。

ハイパワーモデルながら重量4.1kgの軽量化を実現。持ち運びに便利な取っ手が付属し、頻繁に移動する機会が多い方におすすめです。

電圧や温度を管理するバッテリーマネージメントシステムやPSEマークを取得しているなど、安心して使えます。

オススメ度
バッテリー容量400Wh
ポート数
  • AC:1口
  • DC/シガーソケット:1口
  • USB Type-A:2口
サイズ・重量
  • 本体サイズ:23×13.5×16cm
  • 重量:4.1kg
充電方法ACコンセント、シガーソケット、ソーラーパネル(別売り)

Amazonで見る楽天市場で見る

ランキング3位 Anker PowerHouse

約20×14.5×16.5cmのコンパクトなポータブル電源です。
ACコンセントとシガーソケット、USB出力ポートを設け、さまざまな電化製品に対応します。

ミニ冷蔵庫を約7時間稼働できるほか、ソーラーパネルを接続すれば、60Wまでのソーラーチャージャーにも対応可能です。

オススメ度
バッテリー容量434Wh
ポート数
  • AC:1口
  • DC/シガーソケット:1口
  • USB Type-A:4口
サイズ・重量
  • 本体サイズ:20×14.5×16.5cm
  • 重量:約4.2kg
充電方法ACコンセント、ソーラーパネル(別売り)

Amazonで見る楽天市場で見る

ポータブル電源でワンランク上の車中泊!


扇風機やミニ冷蔵庫などに電気を供給できるポータブル電源。
ワンランク上の快適な車中泊で1日の疲れをとって、翌日も元気に釣りまくりましょう。

今回、釣りでの車中泊に最適なサイズのポータブル電源をご紹介しましたが、各ECショップをのぞけば多種多様なモデルが販売されています。

興味があればチェックして、自分に合ったモデルを探してみてください。

Amazonでポータブル電源を探す楽天市場でポータブル電源を探す