車中泊

【2021年版】「車中泊マット」のおすすめモデル!選び方3つのポイント

車中泊しながら鮎釣りを楽しむなら、快適に眠れる寝床を準備しておきたいですね。
車内に快適な就寝スペースをつくりたいときに活躍するのが「車中泊マット」です。

多種多様なモデルが販売されており、はじめて購入する際は迷ってしまうことも。
サイズが異なるのはもちろん、コンパクトに収納できで保管や収納に便利なモデルもあります。

そこで今回は、おすすめの「車中泊マット」をピックアップしてご紹介。
あわせて、選ぶ際のポイントも解説するので購入を検討している方は参考にしてみてください。

「車中泊マット」の選び方

出典:Amazon

サイズをチェックする

車中泊マットを選ぶ際は、車の大きさや設置したいスペースにサイズが合っているかをチェックしておきましょう。

極端にサイズが合わないと、使用できない場合もあるため注意が必要です。
また、すき間がなるべくできないモデルを選んだほうが快適に就寝できます。

空気の入れ方をチェックする

出典:Amazon

クッションが詰まった一般的なマットのほか、近年は空気で膨張させて使用する車中泊マットが主流です。
未使用時にはコンパクトな形になり、持ち運びや保管する際に重宝します。

ポンプ等で空気を注入する「手動式」と、「バルブ操作」で自動的に膨らむ「インフレータブル式」の2種類があるのでチェックしておきましょう。

手動式

手動式はポンプ等を使って自分で空気を注入するため、空気量を調節できるのがメリット。
自分好みの硬さに調節しやすく、快適に眠りをサポートします。

クッション性も高いため、快適さを重視する場合におすすめのタイプです。

インフレータブル式

インフレータブル式は、マット内部に高反発ウレタンフォームなどの吸気性素材が入っているタイプ。

多くのモデルはバルブを開けることで自動的に空気が入るため、簡単にセッティングできるのがメリットです。

釣りの最中にバルブを開けておけば、車に戻った頃には膨らんでいます。
また、撤収する際もバルブを開けて放置しておけば、自然に空気が抜けるため便利です。

収納時サイズも忘れずに確認

出典:Amazon

車中泊で釣りを楽しんでいる場合、荷室にはたくさんの釣り道具等でいっぱいになっていることでしょう。

なるべくスペースを確保したい場合は、収納時サイズも重要です。
クッション性や収納性、価格などのバランスを考慮して選んでみてください。



「車中泊マット」のおすすめモデル

KingCamp エアーマット

10~15回ほど息を吹き込むだけと、簡単に膨らむ車中泊マットです。
二重バルブ式で空気が抜けることがなく、一晩中安心して眠れます。

厚さ10cm、幅65cmで、一般的なエアーマットと比べてゆったり過ごせるのも魅力です。
枕一体型なのも便利。収納時サイズ約40×10×10cm で保管や持ち運びも簡単です。

オンリースタイル 車中泊専用マット

車中泊専用メーカー「オンリースタイル」のインフレータブル式車中泊マット。
空気バルブを45°ひねって開けるだけで、自然と空気が注入されます。

内部の吸気性素材には「高密度ウレタンフォーム」を採用。
厚さ10cmで快適な寝心地を実現しており、車内の段差も気にならず、フラットな状態で使用可能です。

また、同一製品を連結できる面ファスナーも装備しているため、車のサイズに合わせて寝床スペースを拡張できます。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット ダブルセットII

老舗アウトドアブランド「コールマン」のインフレータブル式マットです。

軽量でコンパクトに収納できるほか、生地に難燃性や耐摩擦に優れた「PVCコーティング」を施しており、高い耐久性を実現しています。

吸気性素材には高反発の「ポリウレタンフォーム」を使用し、快適な寝心地を確保。
中央で折りたためば、厚さ2倍のシングルマットとして使用できます。

専用の収納ケースにコンパクトな状態で仕舞えるため、なるべく荷物を少なくしたい場合にも重宝するおすすめモデルです。

スノーピーク(snow peak) インフレータブルマット テレコ TM-135

人気アウトドアブランド「スノーピーク」のインフレータブル式車中泊マットです。

引き裂き強度に優れた「75Dポリエステルリップストップ」を採用。
車中泊をはじめ、登山やキャンプなどさまざまなアウトドアシーンで使える耐久性を備えています。

空気バルブはわずかな力で開閉できるため、設置や撤収も簡単なおすすめマットです。

スノーピーク(snow peak) キャンピングマット2.0w TM-192

幅広のインフレータブル式車中泊マットです。
厚さ6.2cmの高反発素材を採用しており、段差のないフラットな寝床をつくれます。

生地には耐久性に優れた「75Dポリエステル」を使用し、裏面の滑り止め加工でマットがずれて変形するのを防いでいるのが特徴です。

軽い力で開閉できる空気バルブ搭載で、セッティングも簡単。
好みによって弾力を調節できるのもおすすめポイントです。

フィールドア(FIELDOOR) 車中泊マット Sサイズ

アウトドアメーカー「フィールドア」の車中泊マットです。
厚さ10cmの「高密度ウレタンフォーム」を採用しており、快適な寝床を確保できます。

サイドに装備されたボタンで当製品同士を連結できるのもおすすめポイント。
さらに、直径2.4cmの大口径バルブを4個搭載し、すばやく設置や撤収をおこなえるのも魅力です。

コールマン(Coleman) エアーベッド アドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド

ミニバンでの使用に適したサイズの手動式マットです。
電動または手動ポンプで空気を注入するタイプで、厚さ約20cmまで膨らんでフラットな寝床を確保できます。

引き裂き強度と耐久性に優れた「70Dポリエステル」を採用しているほか、丈夫でパンクしにくい「ダブルレイヤー構造」により、空気漏れの心配がないのもおすすめポイントです。

車に合った車中泊マットで快適に就寝!

~車中泊マットの選び方まとめ~
  • 車に合ったサイズをチェックする
  • 空気の入れやすさをチェックする
  • 収納時サイズをチェックする

連泊での車中泊では、まず第一に快適な寝床を確保することが重要です。

さまざまな車中泊マットが販売されているので、自分の車に合ったサイズと使い勝手をチェックして、最適なモデルを選んでみてください。

快適な寝床をつくって、車中泊しながら存分に鮎釣りを楽しみましょう。

Amazonでもっと探す楽天市場でもっと探す