鮎竿

2020年がま鮎史上最軽量ロッドが登場! がまかつ『ダンシングマスター』をご紹介!

 

がまかつから、特殊カーボンを採用した『ダンシングマスター』が発売されました。

M8.5mで169gと、がま鮎史上最軽量を実現しており、1日中集中力を切らせずに繊細な釣りが可能な鮎竿です。

とくに、風の強いことが多い河川に最適で、まるで渓流竿のような操作性を発揮します。

詳しく見ていきましょう。

がまかつ『ダンシングマスター』

出典:がまかつ

従来の鮎竿では使用されなかった特殊なカーボン素材を特注し、M8.5mで169gと、がま鮎史上最軽量を実現したモデルです。

調子は「スーパーアクティブサスデザイン」を採用した粘りのある胴調子。

繊細な泳がせ釣りに最適なM8.5mとM9.0m、軽さとパワーを両立させたMH8.5mとMH9.0mの4アイテムをラインナップしてます。

created by Rinker
¥262,350
(2020/07/04 15:18:34時点 楽天市場調べ-詳細)

圧倒的な軽さを誇る鮎竿

従来モデルの「ダンシングスペシャル」も細身設計による軽量化を実現していましたが、『ダンシングマスター』はさらに軽量化を図っています。

  • ダンシングマスターMH8.5m=183g、ダンシングスペシャルMH8.5m=198g
  • ダンシングマスターMH9.0m=198g、ダンシングスペシャルMH9.0m=215g

新製品のダンシングマスターMH9.0mと、旧モデルのダンシングスペシャルMH8.5mは同じ198gです。

また、風切性能に優れた細身設計は前モデルを踏襲しており、河口から近いなど常に風が強い河川で威力を発揮します。

異次元の高感度を実現

まるでワンピースロッドのようなスムーズな弧を描く、スーパーASD(アクティブサスデザイン)を採用しており、粘りのある胴調子が特徴です。

パワーを生かしてやり取りしやすい反面、先調子より感度が劣る欠点を克服すべく、3年もの長期間テストを実施。

粘りのある胴調子ながらも、従来モデルとは比較にならないほどの異次元の高感度を実現しています。

テクノチタントップを搭載

標準穂先にはテクノチタントップを搭載しており、引き抜き性能と感度を両立させています。
また、替穂にはSIIソリッドが付属し、繊細なコントロールが要求されるシーンで便利です。

デザインにもこだわり

鮎が川で遊びまわり踊る姿をあしらっています。
描かれた鮎が光の加減によって艶やかに見えるなど、デザインも楽しめる鮎竿です。

がまかつ『ダンシングマスター』ラインナップ

M8.5m・M9.0m

M8.5mで169g、M9.0mは183gと片手で持てるほどの軽さの鮎竿。
超繊細な泳がせ釣りにおすすめのモデルです。

張りを抑えつつ高感度を実現しており、小型鮎の微細な動きを敏感にとらえつつ、オトリを弱らせずに操作が可能。

トロ場、チャラ瀬での16~22cm程度の鮎に最適です。

MH8.5m・MH9.0m

軽さとパワーを両立させた鮎竿で、オールラウンドに使える鮎竿です。
前作のMHより軽量化を実現しているにもかかわらず、引き抜き性能は向上しています。

軽さ・感度・パワーなど、あらゆる面で使いやすく楽なモデルです。
トロ場や早瀬での18~24cm程度の鮎に適しています。

体力低下が気になる人にもおすすめの鮎竿

鮎竿は軽さがすべてではありませんが、竿選びでまず注目するポイントですね。
とくに、高齢で体力に自信がなくなった方や女性用としてもおすすめします。

M8.5mで169gのがま鮎史上最軽量モデル『ダンシングマスター』。
機会があれば手にとってみてください。

created by Rinker
¥262,350
(2020/07/04 15:18:34時点 楽天市場調べ-詳細)