つけ糸

鮎釣り仕掛け『フロロつけ糸』3モデルの強度を比較!最も強いのはどれだ?

 

すでに解禁を迎えた川もあり、いよいよシーズンインですね。
多くの方は仕掛けづくりを終えたかもしれませんが、鮎釣りHACK編集部はこれからです。

仕掛けづくりをはじめるにあたり、まずはもっとも強度に優れた『つけ糸』選ぶべく、つけ糸専用として販売されている3モデルをピックアップ。

結束強度を比較検証してみました。

一番強い『つけ糸』はどのモデルだったのでしょうか?
初心者向けに『つけ糸』について解説もしていますので、参考にしてください。

鮎釣り仕掛けの『つけ糸』とは

鮎釣り仕掛けでいう『つけ糸』とは、水中糸に接続するラインです。
上側は天井糸と水中糸の間に、下は水中糸と中ハリス(ハナカン回り糸)の間に接続します。

それぞれ「上糸」「下糸」とも呼ばれますが、上糸を接続しないで水中糸を直接天井糸と接続する場合や、下糸を使用せず中ハリスを長くとって水中糸を直接接続する「ワンピース仕掛け」を使用する人もおり、必須というわけではありません。

つけ糸を使用する目的としては、フロロカーボンラインやナイロンの伸びをクッションとするためや、適度なオバセ(ラインの水中抵抗)をつくるために使用します。

ラインの種類は一般的にフロロカーボンラインかナイロンラインを使用。
号数は下糸の場合、0.3~0.4号を中心に小物対応で0.2号、大物用では1号以上を使用する場合もあります。

『フロロつけ糸』3モデルの強度を比較!

鮎師によっては、他ジャンルのラインをつけ糸に代用する場合もありますが、今回は品名に「つけ糸」と名付けている下記の3種類を取り上げて結束強度を比較してみました。
号数はすべて0.4号です。

created by Rinker
サンライン(SUNLINE)
¥1,058
(2020/07/03 11:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
モーリス(MORRIS)
¥1,008
(2020/07/03 11:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Fujino(フジノ)
¥981
(2020/07/03 11:09:09時点 Amazon調べ-詳細)

前回のホクエツ「糸オモリ 第2の穂先」と同様、3回ひねりチチワ結びで5回計測。
「サンライン つけ糸FC フロロカーボン」は、前回のデータを利用しています。

フォースゲージを用いて引張強度を計測しました。

早速、結果ですが……

回数サンライン つけ糸FC フロロカーボン 0.4号バリバス エクセラ鮎 ツケ糸 フロロカーボン 0.4号フジノライン ターボVフロロ鮎つけ糸 0.4号
1回目620g625g835g
2回目600g600g825g
3回目715g650g885g
4回目625g725g725g
5回目735g715g800g
平均659g663g814g

今回の3モデルで結束強度のもっとも強いのは「フジノライン ターボVフロロ鮎つけ糸」でした。
他より圧倒的に強いうえ、強度のバラつきが少ないのも特徴です。

結束強度は締め具合によって変わるため、完璧に正確な数値ではありませんが、これだけはっきりとした結果であれば、一定の信頼性があると思います。

よって、鮎釣りHACK編集部の今年のつけ糸は「フジノライン ターボVフロロ鮎つけ糸」で決定です。

同じ0.4号でも太さが違う?問い合わせてみた

「サンライン つけ糸FC フロロカーボン 0.4号」と「バリバス エクセラ鮎 ツケ糸 フロロカーボン 0.4号」は製品に太さの表示があり、ともに「0.104mm」となっています。

一方、「フジノライン ターボVフロロ鮎つけ糸」は製品に表示がなく、カタログやHPを見ても表示がありません。

もしかして「フジノライン ターボVフロロ鮎つけ糸」は他より太いのでは?という疑念がわいてきました。

そこで、フジノラインに問い合わせたところ……
最低の太さは基準値の0.104mmですが、最大0.117mm未満になります」とのこと。

一応、フロロカーボンライン0.4号の基準値である「0.104mm」とのお答えで、安心しました。
多少バラつきが生じるのは各メーカー同じでしょうから、問題ないでしょう。

今シーズンは、安心して「フジノライン ターボVフロロ鮎つけ糸」を下つけ糸に使用したいと思います。

ハナカン回り糸より強い

フジノラインでは、ハナカン回り用のライン「フロロ鮎ハナカン回り糸NEO」も販売しています。

たまたま0.4号を持ち合わせていたので、同じように結束強度を測定してみたところ、5回平均「684g」でした。

「ターボVフロロ鮎つけ糸」が5回平均814gですから、約16%弱いという結果です。

この点も聞いてみたところ……
ハナカン回りは硬めで伸びが少なく、つけ糸は柔らかく伸びがあります。つけ糸のほうが粘りがあるため、切れにくくなっています」とのお答えでした。

同じ号数なら、つけ糸として製造されているラインのほうが強いのですね。

通常、ハナカン回り糸は下つけ糸より太くするため、「フロロ鮎ハナカン回り糸NEO」を愛用している方もそのまま使って問題ないと思います。

強度がすべてとは限らない

今回の結束強度の測定では、「フジノライン ターボVフロロ鮎つけ糸」がもっと強度のあるつけ糸でした。

ただ、ラインは強度がすべてではありません。
しなやかさや色、擦れの強さなども異なります。

実際、今回の3モデルをチチワ結びしましたが、「フジノライン ターボVフロロ鮎つけ糸」がもっとも硬く縮れやすさも感じ、他社のほうが柔らかさがあって結びやすかったです。

人それぞれや感覚や好みが違います。
仕掛けの作りやすさや実釣での使い勝手も考慮して、最適なつけ糸を選んでみてください。

created by Rinker
サンライン(SUNLINE)
¥1,058
(2020/07/03 11:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
モーリス(MORRIS)
¥1,008
(2020/07/03 11:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Fujino(フジノ)
¥981
(2020/07/03 11:09:09時点 Amazon調べ-詳細)